採用予定機関の紹介(防衛装備庁:技術区分)

効果的な防衛装備行政

防衛装備庁の役割と特色

 防衛装備庁は、防衛省の外局として設置され、装備品等について、その開発及び生産のための基盤の強化を図りつつ、研究開発、調達、補給及び管理の適正かつ効率的な遂行並びに国際協力の推進を図ることを任務としています。
 防衛装備庁は、内部部局と研究所等で構成されており、内部部局には、庁内の内部管理、装備品等の技術開発等を行う長官官房、装備政策の企画・立案を行う装備政策部、装備品のプロジェクト管理を行うプロジェクト管理部、先進的技術分野を含む研究の企画立案を行う技術戦略部、調達計画の策定・調整を行う調達管理部、装備品の契約実務・調達の実施を行う調達事業部があります。また、装備品等の技術研究・技術開発のうちの試験評価を行う研究所及び先進技術推進センター、そして専ら試験を実施する試験場で構成されています。

防衛装備庁の業務紹介

 防衛装備品の適切な開発、生産、維持整備は、我が国の安全保障上、極めて重要です。特に①諸外国との防衛装備・技術協力の強化、②厳しさを増す安全保障環境を踏まえた技術的優位の確保、③防衛生産・技術基盤の維持・強化、④防衛装備品のハイテク化・複雑化等を踏まえた調達改革等が重要な課題となっているところです。また、高品質の装備品の一層効率的な取得や、コスト管理の徹底を図るためには、装備品の構想段階から研究開発、取得、維持・整備といったライフサイクルを通じた、一元的かつ一貫した管理が必要となります。防衛装備庁は、このような課題に効果的・効率的に取り組んでいます。

2019採用パンフレット(防衛装備庁)

2019採用パンフレット(防衛装備庁)
※PDF形式で閲覧できますので、左の画像をクリックしてください。

職員からのメッセージ(防衛装備庁)

技術で国に貢献する (機械:平成7年入庁)

ページの先頭へ戻る