マモル(広報誌)2010年1月号

 MAMORは、防衛省が編集協力をしている唯一の広報誌です。
 防衛の政策や自衛隊の活動を分かりやすく紹介し、国民とともに防衛を考える広報誌を目指しています。

MAMOR 2010年1月号(12月21日発売)CONTENTS

特集①

自衛隊検定試験 公式テキストブック2010
あなたの防衛知識を誌上でチェック!


特集②

Dear 女性自衛隊員
君は強く美しい
ほか

編集後記

編集長 高久 裕

 毎年恒例の「自衛隊検定試験」も3年目を迎えます。われわれが作成する問題の難易度を知りたくて、今年は事前に東大と阪大の学生に試してもらいました。全問正解者はゼロでしたが、結果は満点でした。「自分が暮らす国の安全保障について、いかに知識がないかに気がついた」、「これを機会に勉強したい」という学生の声が多く出たのです。明日の日本を担う若者たちに、わが国の防衛について関心を高めてもらうきっかけになったのですから、点数は低くても合格ですね。大学入試センター試験にも取り入れて欲しいなあ「自衛隊検定試験」…。

編集プロダクション代表 辺土名 悟

 今回で3回目を迎えた『自衛隊検定試験』。前回は、全問正解率が約6%とかなり難しかったようですが、はたして今年は何人、全問正解者がでるでしょうか?誌面にて東京大学と大阪大学のクイズ研究会のメンバーに挑戦してもらいましたが、全問正解者はゼロでした。ただ、『マモル』読者の方でしたら、きっと好成績を収めるはずです。全問正解者だけがもらえる、オリジナルピンバッジ獲得を目指して、たくさんの応募をお待ちしています!
自衛隊検定2010

問題の一部の紹介します。

航空機などの従来型の脅威はもとより、弾道ミサイルにも対応可能である警戒管制レーダー(FPS-5)の通称は?
①ガメラレーダー ②ゴジラレーダー ③ウルトラレーダー

平成20年度の自衛隊の災害派遣の実績で最も多いのは?
①風水害・震災対処 ②消火支援 ③急患輸送

自衛隊出身ではないお笑いタレントは次のうち誰?
①武田テキサス(弾丸ジャッキー) ②亘健太郎(フルーツポンチ) ③春日(オードリー)

特集取材後記

Dear 女性自衛隊員


 

フリーライター 山中つゆ

 立て続けにこれだけ多くの女性に面と向かうのは初めてでした。今自分と同じ時代を生きている同性に対して、いつもと少し違うベクトルで関心を寄せ、取材にのぞんだように思います。業種は違っても皆それぞれの仕事を誇りに思い、その心持ちがとても潔くて素敵でした。目線やしぐさ、声、話し言葉など一つひとつが印象深いです。「女性自衛隊員」というワンワードでイメージを固定したくないほど、個々の違った輝きを伝えたい、そう強く思いながら原稿を書きました。

フリーカメラマン 長尾浩之

 カメラ越しに思わず「ニッコリ笑顔で・・」なんて言っていましたが、実は真剣な眼差しの女性自衛官もまた、すごく「美しい」のです。今回の取材で、女性が「志」と「能力」そして「機会」を活かせれば、配置制限があるものの性差なく活躍できるのが自衛隊なのだと分りました。今後の取材でも、さまざまな職域の女性自衛官にお会いできることを楽しみにしております。

MAMORの購読については、以下のサイトを御覧ください。
株式会社扶桑社のサイトへ(新しいウィンドウを開いて表示します。)

 

ページの先頭へ戻る