防衛省シンポジウム(「なぜ」「いま」平和安全法制か?~我が国及び国際社会の平和及び安全のための切れ目のない法制の整備~)

平成28年2月29日(月)防衛省は、有識者を招聘し、防衛省シンポジウムを開催しました。

今回のテーマを「「なぜ」「いま」平和安全法制か?~我が国及び国際社会の平和及び安全のための切れ目のない法制の整備~」とし、中谷防衛大臣による主催者挨拶及び前田哲防衛政策局長による基調講演を行いました。
 その後のパネルディスカッションでは、森本敏防衛大臣政策参与(拓殖大学特任教授、元防衛大臣)をモデレーターに迎え、パネリストとして秋田浩之日本経済新聞論説委員、折木良一元統合幕僚長(前防衛大臣政策参与)、高見澤將林内閣官房副長官補及び細谷雄一慶應義塾大学法学部教授に参加頂き、平和安全法制について、活発な意見交換を行いました。

日時

平成28年2月29日(月)
18時30分~21時00分

会場

イイノホール(東京都千代田区内幸町)

主催者挨拶

防衛大臣 中谷 元

基調講演

防衛省防衛政策局長 前田 哲

パネルディスカッション

モデレーター

森本 敏
(拓殖大学特任教授、元防衛大臣、防衛大臣政策参与)

パネリスト

秋田 浩之
(日本経済新聞論説委員)
折木 良一
(元統合幕僚長、前防衛大臣政策参与)
高見澤 將林
(内閣官房副長官補)
細谷 雄一
(慶應義塾大学法学部教授)

ページの先頭へ戻る