山本防衛副大臣のブラジル訪問(概要)

平成30年5月8日
防衛省

4月28日から5月2日までの間、山本防衛副大臣はブラジルを訪問するために出張し、国防省関係者等と会談等を実施するとともに、ブラジル軍部隊を視察したところ、概要以下のとおり。

1.サンパウロ開拓先没者慰霊碑及び日本館視察

 山本副大臣は、サンパウロ市内の開拓先没者慰霊碑で献花・参拝を行うとともに、日本館を視察し、ブラジル日本文化福祉協会関係者からの説明を受けた。

2.ブラジル日本移民史料館視察

 山本副大臣は、ブラジル日本移民史料館を訪問し、ブラジル日本文化交流協会関係者からの説明を受けた。

3.サイトウ前空軍司令官との懇談

 山本副大臣から、日系ブラジル人として初めて司令官を務め、日ブラジル防衛協力・交流に貢献してきたサイトウ前空軍司令官を称えるとともに、今後も両国間の防衛協力・交流の進展に寄与いただきたい旨述べた。サイトウ前空軍司令官からは、日ブラジル防衛当局間の関係強化に向け、今回の山本副大臣のブラジル訪問は非常に有意義である旨の発言があった。両者は、日本及びブラジルを取り巻く安全保障環境や日ブラジル防衛協力・交流の今後の展望について幅広く意見交換を行った。

4.シルヴァ・イ・ルーナ国防大臣との会談

 山本副大臣から、日本とブラジルは自由、民主主義、人権、法の支配など基本的価値を共有し、国際場裡でも協力する重要なパートナーであり、今次訪問を機に、今後、両国の防衛協力・交流が深化することを期待する旨述べた。シルヴァ・イ・ルーナ国防大臣からは、山本副大臣のブラジル訪問を歓迎するとともに、日ブラジル防衛協力・交流を今後、幅広い分野で進めていきたい旨の発言があった。山本副大臣とシルヴァ・イ・ルーナ国防大臣は、両国間の防衛協力・交流や地域情勢について意見交換を行い、両国の防衛協力・交流覚書の署名を早期に行うことで一致した。また、ハイレベルにおける交流、HA/DR分野での協力を含め、両国の防衛協力・交流を更に発展させることで一致した。

5.ブラジル陸軍サイバーコマンド視察

 山本副大臣は、2016年に発足したブラジル陸軍サイバーコマンドを視察し、同国のサイバー防衛体制についてブリーフィングを受けるとともに、意見交換を行った。

6.ブラジル軍日系軍人との昼食会

 山本副大臣は、ブラジル軍の現役・退役日系軍人との昼食会を行い、ブラジル軍における日系人の活躍を評価するとともに、今後も日ブラジル防衛協力・交流の進展に尽力いただきたい旨述べた。

7.エチェゴエン大統領府安全保障室(GSI)長官との会談

 山本副大臣から、ブラジル陸軍サイバーコマンド視察が有意義であった旨述べるとともに、基本的価値を共有するブラジルと今後も協力を深めていきたい旨言及した。エチェゴエン長官からは、日本との間でサイバー分野を始めとする各種分野で協力を進めていきたい旨の発言があった。また、山本副大臣とエチェゴエン安全保障室長官は、両国を取り巻く安全保障環境に関して意見交換を行った。

8.航空管制防衛統合センター視察

 山本副大臣は、航空管制防衛統合センターを訪問し、ブラジルの航空管制について、軍用機・民間機共にブラジル軍が統合して管制を行っていること等の説明を受けるとともに、同センターの各施設の視察を行った。

 

ページの先頭へ戻る