稲田防衛大臣とムルキー・ヨルダン首相兼国防大臣の会談(結果概要)

平成29年7月13日
防衛省

 平成29年7月13日、稲田防衛大臣は、訪日中のムルキー・ヨルダン首相兼国防大臣と防衛省において会談を行い、日ヨルダン防衛協力・交流及び地域情勢について意見交換を行なったところ、概要以下のとおり。

1.両大臣は、日ヨルダン間では首脳レベルの交流も活発であり、2国間関係が発展していることを歓迎するとともに、昨年10月にアブドッラー2世国王陛下が訪日された際に防衛協力及び交流に関する覚書に署名し、日ヨルダン間の防衛交流・協力の基礎が整ったことを評価した。

2.両大臣は、日ヨルダン防衛政策対話や統合幕僚長レベルの相互訪問など、日ヨルダン間の相互理解促進のための取組が既に開始されていることを確認するとともに、本年3月から在ヨルダン防衛駐在官が派遣されていることも踏まえ、今後具体的な防衛協力の議論が進展していくことを期待した。

3.また、地域情勢に関して、稲田大臣から北朝鮮情勢及び南シナ海・東シナ海情勢をはじめとする東アジアの安全保障環境について、ムルキー首相兼国防大臣からISILの動向等を含む中東情勢について、それぞれ詳細に説明し認識を共有した。

(了)

ページの先頭へ戻る