ハリス米太平洋軍司令官による安倍総理大臣表敬

平成28年7月26日

 本26日午後3時15分から約25分間、安倍晋三内閣総理大臣は、訪日中のハリー・B・ハリス米太平洋軍司令官(Admiral Harry B. Harris, Jr., Commander, U.S. Pacific Command)の表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。

1 冒頭、安倍総理大臣から、ハリス司令官による熊本の被災地への視察、在日米軍による支援について謝意を述べた上で、平和安全法制と新ガイドラインにより、北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射にも従来にも増して緊密に連携できていることは心強い、日米共同計画の策定や新たな戦略的領域である宇宙やサイバーに関する協力も深化させるなど、同盟の絆を一層強化したい旨述べました。これに対し、ハリス司令官から、今般河野克俊統合幕僚長との間で地域情勢等についての議論を深めた旨述べつつ、地域の平和と安定にとって日米同盟こそ重要である旨発言がありました。

2 双方は、北朝鮮、東シナ海及び南シナ海情勢を始めとする地域情勢について意見交換を行い、新ガイドラインの着実な実施等を通じて日米同盟を一層強化し、地域の平和と安定の確保に取り組んでいくことにつき一致しました。また、北朝鮮のミサイル開発問題等に対処するための日米韓協力の重要性につき一致しました。

3 また在日米軍再編につき、安倍総理大臣から、普天間飛行場の辺野古移設が唯一の解決策との日本政府の立場は不変である旨を述べました。これに対し、ハリス司令官から、普天間飛行場の移設問題を含め、在沖縄米軍の活動に対する日本政府からの支援につき感謝する旨述べました。

ページの先頭へ戻る