日米防衛相会談の概要

平成25年10月3日
防衛省

平成25年10月3日、小野寺防衛大臣とヘーゲル米国防長官は、日米安全保障協議委員会(「2+2」)に先立ち、防衛省において会談を行ったところ、概要次のとおり。

1 総論、地域情勢

両閣僚は、日米同盟が、我が国の安全と地域の平和と安定の確保のために引き続き重要であることを確認するとともに、本日の「2+2」会合を契機として、日米同盟の強化に向けて一層緊密に連携していくことで一致した。

両閣僚は、アジア太平洋地域における安全保障環境について意見交換した。小野寺大臣から、領海をめぐる挑発など、安全保障環境が一層厳しさを増す中、領土・領海・領空を断固として守り抜くとともに、力による現状変更を認めず、法の支配に基づく、自由で開かれた海の秩序を守る覚悟である旨発言した。両閣僚は、尖閣諸島に関して米国がこれまで示してきた立場を改めて確認するとともに、引き続き、北朝鮮情勢も含めた我が国を取り巻く情勢について、日米二国間の緊密な連携に加えて、豪州や韓国も含めた3カ国の協力を進展させていくことを確認した。

2.日米防衛協力

(1)サイバー
 両閣僚は、サイバー・セキュリティ分野における自衛隊と米軍それぞれの能力強化と、相互運用性の向上をはじめとする日米防衛協力の一層の促進が、日米同盟の実効性を高め、抑止力を向上させる上で重要であると認識し、引き続き連携を強化していくことを確認した。
 これに関連し、両閣僚は、両国防衛当局間における協力の新たな枠組みとなる「サイバー防衛政策ワーキンググループ」が設置されたことを歓迎した。

(2)ガイドラインの見直し
 両閣僚は、変化する安全保障環境に対応し、地域の安全保障を強化していくため、可能な限り早期に検討していくことの重要性を強調した。
 両閣僚は、本日の「2+2」会合での議論も踏まえ、今後とも精力的に議論を行っていくことで一致した。

(3)TPY-2レーダー
 小野寺大臣から、先日、2基目のTPY-2レーダーの配備候補地の地元首長による協力の表明があった旨述べた。両閣僚は、この表明が、同レーダーの早期配備へ向けた重要なステップとなることを歓迎し、日米双方が、引き続き緊密に連携しながら、早期配備に向けた作業を加速化することで一致した。

3.在日米軍再編

両閣僚は、普天間飛行場の移設、在沖海兵隊のグアム移転、嘉手納以南の土地の返還に関する統合計画の実施を含め、日米双方が一層緊密に連携し、在日米軍の再編を早期かつ着実に進めていくことで一致した。

4.オスプレイ

小野寺大臣から、MV-22オスプレイについて、2個目飛行隊の配備も受け、引き続き昨年9月の日米合同委員会合意に基づく運用の徹底を求めた。ヘーゲル長官からは、引き続き安全な運用に配慮する旨の発言があった。

(以上)

ページの先頭へ戻る