日豪防衛相会談(概要)

平成24年9月25日
防衛省

 2012年9月25日(火)、森本防衛大臣は、東京において、スミス豪国防大臣と約90分にわたり日豪防衛相会談を行い、日豪の防衛協力の進展状況を確認するとともに、今後の日豪の防衛協力や日米豪3カ国の防衛協力について意見交換を行ったところ、概要以下のとおり。

1 冒頭

(イ)森本防衛大臣より、スミス豪国防大臣の訪日を歓迎するとともに、本会談では、第4回日豪「2+2」及び日豪防衛相会談(於シドニー)の議論を確認し、日豪の防衛協力の次のステップについて意見交換したい旨発言。

(ロ)スミス豪国防大臣より、森本防衛大臣の歓待に感謝するとともに、先の会談が成功裏に終わったことは喜ばしく、日豪の防衛協力の更なる発展を望む旨発言。

2 日豪の防衛協力の進展状況

(イ)南スーダンPKOにおける双方の協力を確認するとともに、情報保護協定、ACSAといった日豪の防衛協力の進展状況を確認。

(ロ)スミス国防大臣より、東日本大震災の際、豪軍のC-17輸送機を日本に派遣し、人道支援として、日米豪が協力して輸送支援を実施できたことは喜ばしい旨発言があり、森本防衛大臣より豪側の支援に感謝する旨発言。

3 今後の日豪防衛協力

(イ)アジア太平洋地域における能力構築支援事業について日豪間で取り組むべき協力の内容及び日豪での人材交流について協議。人材交流については、来年の初めに豪州国防省の担当者を防衛省で受け入れる方向で今後調整。

(ロ)ADMMプラスの枠組みにおける日豪の連携について双方で確認。HA/DRに加え、海洋の安全保障の分野においても両国が連携してASEAN諸国に協力していくことの重要性について認識を共有。

(ハ)スミス豪国防大臣より、昨年末の防衛装備品等の海外移転に関する基準の発表を歓迎するとともに、日豪の装備技術協力を段階的に進めていきたい旨発言。これに対し、森本防衛大臣より、日豪の装備技術協力の議論の枠組み(アドホックな次官級協議及び実務レベルの協議を念頭)を設けることや専門家同士の意見交換を引き続き行うことを提案し、スミス豪国防大臣が同意。

4 日米豪3か国の防衛協力

(イ)森本防衛大臣より、日米関係の現状と課題について説明するとともに、日米間及びパシフィック・パートナーシップ等の日米を含む多国間訓練について説明。その中で、「日米防衛協力のための指針」について日米間で研究・議論を行っていくことについて説明したところ、スミス国防大臣より、より緊密な日米防衛協力を歓迎。加えて、周辺国との関係についても付言しつつ、日豪の協力関係を建設的かつ生産的に進めていきたい旨発言。

(ロ)スミス豪国防大臣より、米豪関係、特に米豪を含む多国間訓練や米海兵隊のローテーション展開について説明するとともに、豪州の国防白書の検討状況について説明。加えて、今年の日米豪3カ国による実際的な共同訓練の拡大や、来年以降のシャングリラ会合における日米豪防衛相会談の継続的な開催について期待が表明された。

(了)

ページの先頭へ戻る