多国籍部隊・監視団(MFO)への派遣に係る準備に関する防衛大臣指示の発出について

平成31年2月28日
防衛省

 シナイ半島におけるエジプト・イスラエル間の停戦監視活動等を行う多国籍部隊・監視団(MFO)からの要請を踏まえ、国際平和協力法に基づき、自衛官若干名を司令部要員として派遣することの可能性について、政府部内で検討を行ってきたところ、MFOに自衛官2名を司令部要員として派遣する方向で所要の準備を進める旨、本日、内閣官房長官から発言がありました。

 防衛省としては、今後、MFOに関する国際平和協力業務を行うこととされた場合、これを迅速かつ適切に行うため、防衛大臣から各幕僚長等に対し、「多国籍部隊・監視団(MFO)への派遣に係る準備に関する防衛大臣指示」を発出しました。本指示の概要は、次のとおりです。

「多国籍部隊・監視団(MFO)への派遣に係る準備に関する防衛大臣指示」について

 今後、MFOに関する国際平和協力業務を行うこととされた場合、これを迅速かつ適切に行うため、以下の事項について所要の措置を講ずること。

  • 要員候補者の選定
  • 現地調査等による情報収集等
  • 要員候補者に対する教育訓練、予防接種等