「日中防衛当局間の海空連絡メカニズム」に関する第1回年次会合・専門会合について

平成30年12月27日
防衛省

  1.  日中防衛当局は、12月26日から27日にかけて、北京において、日中海空連絡メカニズムの第1回年次会合及び専門会合を、それぞれ槌道防衛政策局長及び慈国巍(じ・こくぎ)国際軍事協力弁公室主任、弓削国際政策課長及び陳培凌(ちん・ばいりん)国際軍事協力弁公室アジア局副局長との間で開催しました。
  2.  両者は、両国の海空安全保障政策、海空連絡メカニズムの運用状況及び今後の防衛交流等に関して、率直かつ深い意見交換を行うとともに、本メカニズムが運用開始後、効果的に運用されており、引き続き、両国の信頼関係の促進に資する形で運用していくとの認識で一致しました。また、ホットラインを早期に開設すべく調整を加速化し、本メカニズムをより実効的に運用し、より良好な二国間関係を促進していくことで一致しました。
  3.  両者は、2019年に日本で第2回年次会合及び専門会合を開催することで一致しました。

(以上)