陸自オスプレイの米国における教育訓練について

平成30年11月16日
防衛省

  1. 陸上自衛隊V-22オスプレイについては、本年8月に佐賀空港への配備について佐賀県知事から受入れ表明をいただきました。
  2. 一方、オスプレイの機体については、当初の予定では、本年秋頃から順次我が国に納入されることとなっており、防衛省として、佐賀空港における施設整備が完了するまでの一時的な処置について、これまで検討を行ってまいりました。
  3. この検討の結果、本年度納入予定の5機については、陸自パイロット及び整備員の養成や練度維持・向上のため、これらの機体を使って、米国において教育訓練を行うことができるよう、米国と現在調整しているところです。
  4. この米国における教育訓練の具体的な期間、規模等の詳細については引き続き米国と調整してまいります。