インドネシア国際緊急援助隊による国際緊急援助活動の終結について

平成30年10月25日
防衛省

  1. 平成30年9月28日(日本時間)に発生したインドネシア共和国、スラウェシ島における地震及び津波被害に関し、10月3日以降、自衛隊を派遣し国際緊急援助活動を実施してきましたが、インドネシア政府との調整を経て、本日、「国際緊急援助活動の終結に関する自衛隊行動命令」を発出しました。
  2. 同命令を受け、本日をもって部隊は現地での活動を終了し、C-130H輸送機1機は26日に本邦へ帰国する予定です。
  3. 今般の活動においては、これまでC-130H輸送機1機がバリクパパンを拠点として、バリクパパンとパルの間で約200トンの支援物資及び約400人の被災民等の輸送を実施しました。