国連PKO支援部隊早期展開プロジェクト・アジア及び同周辺地域の実施について

平成30年10月25日
防衛省

 国連フィールド支援局がPKOのより迅速な活動開始を実現するために実施する国連PKO支援部隊早期展開プロジェクトの一環で、11月5日からベトナムにおいて実施される工兵要員を対象とした重機の操作訓練に、陸上自衛官19名を派遣することとなりましたので、お知らせします。

 国連PKOにおいては、平和維持に、より効果的に貢献するため、部隊・要員を早期に展開することが重要ですが、その能力を有する国は限られています。日本は、PKOの円滑化に欠かせない活動や輸送の分野で確かな信頼を得てきており、今後とも、PKOの早期展開を支援し、質の高い活動を実現するため、平成26年9月の国連PKOハイレベル会合(第1回PKOサミット)において、安倍総理から、重機などの装備品供与と各国要員への機材操作教育をパッケージで行っていくという貢献策を表明しました。

 これを受け、平成27年以降、アフリカにおける計7回の重機操作教育訓練に延べ125名の陸上自衛官等を派遣し、アフリカ諸国の工兵要員211名に対し訓練を実施しています。

 この取り組みは国際社会においても高い評価を受けており、本年、国連は、本プロジェクトを初めてアジア及び同周辺地域で実施することを決定しました。我が国は、国連に対して必要な資金を拠出するとともに、今回実施される試行訓練に陸上自衛官等を派遣することとしました。

 国連は、今回の試行訓練で得られた教訓を踏まえ、来年以降、訓練を本格化していくことを予定しており、我が国としては、防衛省・自衛隊が蓄積した経験と高度な能力を活用し、引き続き、本プロジェクトへの貢献を続けてまいります。

1 訓練期間

平成30年11月5日~同年12月14日(基準)

2 派遣先

ハノイ近郊(ベトナム人民軍第249工兵旅団駐屯地)

3 派遣要員

伊藤 和幸(いとう かずゆき) 2等陸佐 以下19名

4 事業内容

アジア及び同周辺地域の工兵要員に対する重機の操作や整備の教育

【参考】これまでのアフリカでの訓練の状況


学科教育

操作教育

練度点検

重機の点検に関する教育