陸上自衛隊のイラク「日報」の公表について

平成30年6月21日
防衛省

 5月23日の大野政務官の会見でもお知らせしたとおり、4月から5月にかけて行った大野防衛大臣政務官を長とする調査チームの調査の過程で、教育訓練研究本部に、公表済みのイラク「日報」と同じ名称、同じ日付の電子ファイルが複数存在することが確認されたことから、防衛省では、これらのイラク「日報」と既に公表しているイラク「日報」との記載内容が異なる場合には、開示・不開示の確認作業を行った上で改めて公表することとしておりました。
 今般、陸上自衛隊において、イラク「日報」が保管されている教育訓練研究本部の外付けハードディスクの電子ファイルの確認作業を進めた結果、当該ハードディスクには電子ファイルが約135万件存在することが明らかになり、その中で、イラク関連の電子ファイルから、新たな日付の3日分のイラク「日報」を確認しました。内訳は以下のとおりです。

新たに確認されたイラク「日報」

  • イラク復興支援群
     ・合計:2日分
     ・日付:平成16(2004)年7月28日、12月13日
  • イラク復興業務支援隊
     ・合計:1日分
     ・日付:平成16(2004)年2月15日

 ※ なお、4月に公表したイラク「日報」と同じ日付の電子ファイルから、記載内容やページ数が若干多い5日分のイラク「日報」も確認しました。
  ①イラク後送業務隊
  ・合計:5日分
  ・日付:平成18(2006)年7月15日、31日、8月12日、16日、17日

 防衛省としては、今後、念のため教育訓練研究本部の外付けハードディスクに保存されている、イラク関連の電子ファイル以外の全ての電子ファイルの確認を続けますが、更に「日報」が確認された場合には、適宜公表してまいります。

ページの先頭へ戻る