小野寺防衛大臣とマティス米国防長官の電話会談について

平成30年6月14日
防衛省


 6月14日、小野寺防衛大臣とマティス米国防長官との電話会談が行われたところ、概要次のとおり。

 両閣僚は、米朝首脳会談を含む北朝鮮問題への対応について意見交換し、小野寺大臣から、米朝首脳会談において、金正恩委員長が、朝鮮半島の完全な非核化に向けた意思を、改めて文書の形で明確に約束した意義は大きく、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩として支持すること、また、北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ不可逆的な廃棄に向けて引き続き取り組んでいく必要がある旨を伝えた。両閣僚は、米朝首脳会談の成果の上に立って、日米が緊密に連携し、北朝鮮に対して国連安保理決議の完全な履行を求めていくことを確認した。
 また、両閣僚は、共同訓練等の取組を通じた日米同盟の抑止力・対処力の強化の重要性を改めて確認するとともに、いかなる事態に対しても同盟国として連携した対応をとるため、引き続き緊密なコミュニケーションを図ることで一致した。

(以上)

ページの先頭へ戻る