北海道千歳市における暴風雪に伴う人命救助に係る災害派遣について
(01時00分現在)

平成30年3月2日
防衛省

数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成30年3月2日(金)00時00分

(2)要請元

北海道知事

(3)要請先

陸上自衛隊第7師団長(東千歳)

(4)要請の概要

人命救助

(5)発生場所

北海道千歳市

1.災害派遣までの経緯

 平成30年3月1日(木)23時00分頃、北海道千歳市から苫小牧市に向かう林道において、暴風雪により4名が行方不明となり、うち3名が警察により発見されたが、残り1名が行方不明となっている。このため、2日(金)00時00分、北海道知事から陸上自衛隊第7師団長に対し、人命救助に係る災害派遣要請があった。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸自
北部方面総監部(札幌)、第71戦車連隊(北千歳)、第73戦車連隊(南恵庭)

(2)活動規模

人員
25名
車両
5両
その他
LO人員10名、LO車両4両

(3)主な対応状況

【1日(木)】
16時00分北部方面総監部のLO(人員4名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地を出発。
17時30分第71戦車連隊のLO(人員2名、車両1両)が胆振総合振興局に向け駐屯地を出発。
21時45分第73戦車連隊のLO(人員4名、車両2両)が苫小牧市役所及び現地対策本部(千歳市文京6丁目)に向け駐屯地を出発。
【2日(金)】
00時00分北海道知事から第7師団長に対し、人命救助に係る災害派遣要請
00時03分第73戦車連隊の活動部隊(人員約25名、車両約5両)が現地対策本部に向け駐屯地を出発。じ後、活動開始。

ページの先頭へ戻る