霧島山(新燃岳)の噴火に係る防衛省・自衛隊の対応について
(最終報)

平成30年3月1日
防衛省

※下線部は、前回報告からの変更箇所
数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.経緯

 平成30年3月1日(木)11時00分頃、新燃岳で噴火が発生し、宮崎県高原町で降灰が確認された。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸自
西部方面航空隊(目達原)、第24普通科連隊(えびの)

(2)活動規模

航空機
その他
LO人員2名、LO車両1両

(3)主な対応状況

【1日(木)】
12時28分西部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯地を離陸。
12時51分西部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が情報収集のため駐屯地を離陸。
13時00分第24普通科連隊のLO(人員2名、車両1両)が高原町役場に向け駐屯地を出発。
14時20分航空機による情報収集活動を終了。被害は確認されなかった。

ページの先頭へ戻る