潜没潜水艦及び中国海軍艦艇の動向について(第2報)

平成30年1月11日
防衛省

 1月11日(木)午後、潜没潜水艦が大正島(沖縄県)の北北東の我が国の接続水域から出域するのを、海上自衛隊第15護衛隊所属護衛艦「おおよど」(大湊)、第6護衛隊所属護衛艦「おおなみ」(横須賀)及び第5航空群所属「P-3C」(那覇)が確認しました。

 また、1月11日(木)午後、中国海軍ジャンカイⅡ級フリゲート1隻が大正島の北北東の我が国の接続水域から出域するのを、「おおよど」、「おおなみ」及び「P-3C」が確認しました。

ページの先頭へ戻る