日米韓防衛実務者テレビ会議

平成29年12月1日
防衛省

 12月1日、日本、米国及び韓国の防衛実務者は、11月29日の北朝鮮による大陸間に及ぶ射程を有する弾道ミサイル発射に関する情報共有及び対応の調整を行うためテレビ会議を開催しました。

 会議には、岡防衛省防衛政策局次長、ヘルビー米国防省国防次官補代行、余奭周(ヨ・ソクジュ)国防部国防政策室長が各国政府の代表として出席しました。

 日米韓3か国は、北朝鮮が方針を変更し、挑発的かつ脅迫的な行動を自制し、核・ミサイル計画の放棄という戦略的決定を行うよう、北朝鮮に最大限の圧力をかけるために引き続き協力することを約束しました。

 日米韓3か国は、ミサイルの発射を最も強い表現で非難し、国際的義務と約束に従うように北朝鮮に求めました。3か国は、北朝鮮に向け及び北朝鮮から行われる物資の違法な海上輸送を防止することを含め、国連制裁の実効性を向上させるための措置を実施するために国際社会と緊密に連携することの重要性を強調しました。

 日米韓3か国は、安全保障協力を強化することを約束しました。また、北朝鮮の脅威及び弾道ミサイル防衛に関する情報共有の分野における協力の重要性を強調しました。米国は日本及び韓国の防衛に関する揺るぎないコミットメントを再確認しました。

ページの先頭へ戻る