宇宙状況監視の運用体制構築に向けた取組について

平成29年11月22日
防衛省

 防衛省は、我が国の人工衛星にとって脅威となる宇宙ゴミ等を監視するためのレーダーと運用システムについて、平成34年度までに構築すべく整備を進めております。現在、宇宙監視用のレーダーは海上自衛隊山陽受信所跡地(山口県山陽小野田市)、得られた情報の集約・処理・共有等を行う運用システムは航空自衛隊府中基地(東京都府中市)にそれぞれ設置することを検討しております。詳細については、次のとおりです。

  • (1)レーダー
    今年度中にボーリング等の作業を含む調査工事の実施を予定しています。また、来年度以降に施設設計及び敷地造成工事等を実施する計画です。
  • (2)運用システム
    府中基地内の既存施設を活用し、計算装置等の機材の設置、及び宇宙監視を担当する部隊の配置を検討しています。平成31年度から具体的な施設改修等を実施する計画です。

 引き続き、必要な事項について地元の皆様をはじめとして、丁寧な説明を行ってまいります。

ページの先頭へ戻る