北朝鮮による弾道ミサイルの発射について

平成29年8月29日
防衛省

1.北朝鮮は、本日午前5時58分頃、北朝鮮西岸のスナンから1発の弾道ミサイルを北東方向に発射した模様です。詳細については現在分析中ですが、発射された弾道ミサイルは、午前6時05分頃から07分頃にかけて北海道渡島半島及び襟裳岬の上空を太平洋に向けて通過し、その後、午前6時12分頃、襟裳岬の東約1180kmの太平洋(我が国の排他的経済水域(EEZ)外)に落下したものと推定されます。また、飛翔距離約2,700km、最高高度約550kmであったと推定されます。

2.これを受け、防衛大臣は「①我が国領域及び同周辺海域における被害の有無の確認を徹底すること②米国等と緊密に連携しつつ、必要な情報の収集・分析に全力を挙げること③不測の事態の発生に備え、引き続き警戒監視に万全を期すこと」との指示を出しました。また、防衛大臣が国家安全保障会議(四大臣会合)に出席し、情報の集約及び対応について協議したほか、防衛省内において関係幹部会議を開催するなど、対応に万全を期しているところです。

3.防衛省・自衛隊としては、引き続き、情報の収集・分析や警戒監視等に全力をあげるとともに、今後追加して公表すべき情報を入手した場合には、速やかに発表することとします。

ページの先頭へ戻る