北海道函館市における陸自消息不明機(LR-2)の捜索について
(09時30分現在)

平成29年5月16日
防衛省

数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.概要

 5月15日(月)北部方面航空隊(丘珠)所属のLR-2×1機が、北海道知事から緊急患者空輸に係る災害派遣の要請を受け、11時23分に丘珠駐屯地から離陸後、函館空港周辺を飛行中、11時47分頃の交信を最後に管制官との連絡が途絶。11時48分頃、航空自衛隊のレーダーから消失していたことが確認された。
 
 レーダー消失場所:北海道函館市函館空港の西約18NM(約33km)

2.捜索状況

(1)活動部隊

陸自
陸自 北部方面総監部(札幌)、第7師団司令部(東千歳)、第11普通科連隊(東千歳)、第71戦車連隊(北千歳)、第72戦車連隊(北恵庭)、第73戦車連隊(南恵庭)、第7特科連隊(東千歳)、第7高射特科連隊(静内)、第7飛行隊(丘珠)、第11旅団司令部(真駒内)、第10普通科連隊(滝川)、第18普通科連隊(真駒内)、第28普通科連隊(函館)、第11特科隊(真駒内)、第11高射特科中隊(真駒内)、第11戦車大隊(北恵庭)、第11偵察隊(真駒内)、第11施設隊(真駒内)、第11特殊武器防護隊(真駒内)、第11後方支援隊(真駒内)、第3施設団(南恵庭)、第13施設隊(幌別、倶知安)、北部方面航空隊(丘珠)、第11通信隊(真駒内)
海自
第25航空隊(大湊)、第73航空隊(館山、大湊)
空自
第2航空団(千歳)、第3高射群(千歳)、第9高射隊(千歳)、第11高射隊(長沼)、第20高射隊(八雲)、千歳救難隊(千歳)、秋田救難隊(秋田)

(2)活動規模

人員
約1,700名(延べ約2,600名)
航空機
14機(延べ20機)

(3)部隊の活動状況

【15日(月)】
13時05分千歳救難隊のU-125×1機が捜索活動のため基地を離陸。
13時06分千歳救難隊のUH-60×1機が捜索活動のため基地を離陸。
13時08分第73航空隊のUH-60×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。
13時15分在空中であった第25航空隊のSH-60×1機が現地に到着し、捜索活動を開始。
13時43分第73航空隊のUH-60×1が捜索活動のため航空基地を離陸。以後、八戸航空基地で待機。
15時17分千歳救難隊のU-125×1機が捜索活動のため基地を離陸。
14時30分20高射隊の捜索隊が茂辺地小学校に向け前進開始。
14時40分第28普通科連隊の捜索隊が茂辺地小学校に向け前進開始。
15時36分空自第23高射隊の捜索隊が茂辺地小学校に向け前進開始。
15時45分第71戦車連隊の捜索隊が前進開始。
15時48分第13施設隊の捜索隊が前進開始。
15時54分第72戦車連隊の捜索隊が前進開始。
15時54分第7特科連隊の捜索隊が前進開始。
16時20分第7高射特科連隊の捜索隊が前進開始。
16時20分第11普通科連隊の捜索隊が前進開始。
16時25分第73戦車連隊の捜索隊が前進開始。
17時00分第11特科隊の捜索隊が前進開始。
17時40分第11特殊武器防護隊の捜索隊が前進開始。
18時00分空自第3高射群の捜索隊が前進開始。
18時00分第10普通科連隊の捜索隊が前進開始。
18時05分第11施設隊の捜索隊が前進開始。
18時07分第2航空団の捜索隊が前進開始。
18時10分第11偵察隊の捜索隊が前進開始。
18時30分第11戦車大隊の捜索隊が前進開始。
18時30分第11通信大隊の捜索隊が前進開始。
19時00分第18普通科連隊の捜索隊が前進開始。
20時25分第11後方支援隊の捜索隊が前進開始。
22時14分頃第28普通科連隊の捜索隊が梅漬峠に到着。じ後、北斗市袴腰山に向けて捜索を開始。

※ 前進目標については、第11旅団隷下部隊は函館駐屯地、第7師団隷下部隊及び第13施設隊は茂辺地住民センター。

【16日(火)】
01時39分第28普通科連隊の主力捜索隊が捜索を開始。以降、第11普通科連隊、第71戦車連隊、第72戦車連隊、第73戦車連隊、第7特科連隊、第7高射特科連隊等の各捜索隊が捜索を開始。
06時22分秋田救難隊のU-125×1機が捜索活動のため基地を離陸。
07時17分第73航空隊のUH-60×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。
08時50分秋田救難隊のUH-60×1機が捜索活動のため基地を離陸。

※ 各部隊は、LOを派遣中
※ 天候不良により待機中の航空機 11機

ページの先頭へ戻る