MV22オスプレイの不時着水及び防衛省・自衛隊の対応について(第3報)

平成28年12月14日
防衛省

※下線部は、前回からの変更箇所

1.事案概要

 平成28年12月13日(火)21時30分頃、沖縄県名護市東海岸から約1㎞沖合で米軍機MV-22オスプレイ1機が不時着水。
 事故原因は不明。
 搭乗員5名は無事(うち2人は怪我)。
 上記情報については、引き続き確認中。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

空自
那覇救難隊(那覇)

(2)活動規模

航空機
2機

(3)主な対応状況

【12月13日】
22時28分防衛大臣指示
 1 情報収集を徹底し、状況の把握に努めること。
 2 人命救助に万全を期すこと
 3 地元への説明など、対応を確実にすること。
23時05分那覇救難隊のU-125×1機が捜索活動のため基地を離陸。
23時17分那覇救難隊のUH-60×1機が捜索活動のため基地を離陸。
※要救助者は米軍機により収容
【12月14日】
0時頃~1時頃沖縄防衛局長がコンウェイ在沖米海兵隊政務外交部長に面談し、事故に係る原因究明・情報提供、安全が確認されるまでの飛行停止について申入れ
2時20分~50分防衛大臣がマルチネス在日米軍司令官へ電話し、事故に係る原因究明・情報提供、安全が確認されるまでの飛行停止について申入れ
10時20分~40分沖縄防衛局長がニコルソン在日米軍沖縄地域調整官と面談し、事故の状況や飛行停止の状況等について確認(※回答は下記と同様)。
10時42分~11時23分防衛大臣がマルチネス在日米軍司令官と電話会談。米側から、
・事故機が空中給油訓練実施時にホースが切れ、不具合を生じた
・飛行困難となりキャンプ・シュワブを目的地にして飛行するなかで、地元への影響を極小化するため海岸沿いを飛行していたが、途中で辿り着けず着水した
・機体はコントロールできる状態だった
・事故の原因が機体である可能性は極めて低い
・安全が確認されるまで一時飛行が停止される
ことについて確認した。

ページの先頭へ戻る