平成28年12月10日の中国国防部の「日本軍機(ママ)による中国軍機の正常な訓練への妨害について、重大な懸念を表明(仮訳)」との発表について

平成28年12月11日
防衛省

 12月10日午前から昼頃にかけて、H-6爆撃機2機、SU-30戦闘機2機、TU-154情報収集機1機並びにY-8情報収集機1機が東シナ海から沖縄本島と宮古島間を通過し、太平洋に至る飛行を行なったことを確認しています。その後、SU-30戦闘機2機は、反転し、大陸方向に引き返す一方、H-6爆撃機2機、TU-154情報収集機1機並びにY-8情報収集機1機は、先島諸島の南の太平洋側を経て、バシー海峡方向に向けて飛行したことを確認しています。
 12月10日、中国国防部は、「12月10日午前、中国空軍航空機が、宮古海峡空域を経て西太平洋における定例の遠海訓練に赴いたところ、日本自衛隊が2機のF-15戦闘機を出動させ、中国側航空機に対し、近距離での妨害を行うとともに妨害弾を発射し中国側航空機と人員の安全を脅かした。(仮訳)」と発表しています。
 しかしながら、本件に関し対領空侵犯措置を実施したF-15戦闘機は、中国軍用機の状況の確認及び行動の監視を国際法及び自衛隊法に基づく厳格な手続きに従って行ったところであり、中国軍用機に対し、近距離で妨害を行った事実はなく、妨害弾を発射し中国軍用機とその人員の安全を脅かしたという事実も一切ありません。
 このように事実と明らかに異なることを中国国防部が一方的に発表したことは、日中関係の関係改善を損なうものであり、極めて遺憾です。

ページの先頭へ戻る