空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練の訓練期間の変更について

平成28年8月30日
防衛省

在日米軍司令部から、下記のとおり硫黄島における空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について、運用上の理由により訓練期間を変更する旨の通知があったので、お知らせします。

1 着陸訓練概要(※下線部は、前回からの変更箇所)

・ 訓練期間:
8月23日(火)~8月31日(水)
11:00~翌03:00
・ 訓練機種:
空母ロナルド・レーガン艦載固定翼機全機種(FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2C、C-2A)

なお、硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合には、次の一部又は全部の飛行場において訓練を実施します。(※下線部は、前回からの変更箇所)

三沢飛行場
8月27日(土)~8月31日(水) 10:00~22:00
厚木飛行場
8月26日(金)~8月31日(水) 10:00~22:00
岩国飛行場
8月27日(土)~8月31日(水) 10:00~22:00

※ 上記の日時は、天候や航空機の整備等の事情から変更される可能性があります。

防衛省としては、できる限り硫黄島で訓練を実施するよう申し入れます。

以上

ページの先頭へ戻る