パシフィック・パートナーシップ2016への参加について

平成28年6月1日
防衛省

 防衛省・自衛隊は、下記のとおりパシフィック・パートナーシップ2016に参加します。

1 目的

 パシフィック・パートナーシップ2016に参加し、関係国との間の相互理解及び協力の促進並びに民間団体との協力連携を図るとともに、自衛隊の国際平和協力業務及び国際緊急援助活動に係る医療、施設及び輸送に関する技量の向上を図る。

2 派遣部隊等

(1)自衛隊医療要員約30名、陸自施設要員約30名及び調整要員約10名
(2)海上自衛隊:人員約170名、輸送艦(LST)「しもきた」

3 民間団体からの参加

・ 特定非営利活動法人 国際緊急医療・衛生支援機構  7名
・ 特定非営利活動法人 南太平洋眼科医療協力会  7名
・ 特定非営利活動法人 野口医学研究所  3名
・ 特定非営利活動法人 日本医療政策機構  2名

4 活動場所及び期間

・ 東ティモール  6月13日から6月16日まで
・ ベトナム  7月15日から7月28日まで
・ パラオ  7月29日から8月15日まで
・ インドネシア  8月22日から8月24日まで

5 その他

 パラオへの輸送艦派遣の際、スポーツ用品の輸送支援を実施し、スポーツ分野における政府の国際貢献策「スポーツ・フォー・トゥモロー」活動に参画する。

ページの先頭へ戻る