平成27年9月関東・東北豪雨に係る災害派遣について(茨城)(最終報)

平成27年9月19日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成27年9月10日(木)09時05分

(2)要請元

茨城県知事

(3)要請先

陸上自衛隊施設学校長(勝田)

(4)要請の概要

孤立者の救助、ボートによる避難支援、土嚢による水防活動、給水支援、入浴支援及び防疫活動

(5)発生場所

茨城県常総市及び結城市

(6)撤収日時

平成27年9月19日(土)22時00分

2.災害派遣までの経緯

 平成27年9月10日(木)7時45分、茨城県に大雨特別警報が発表され、鬼怒川において越水が発生した。このため、同日9時05分、茨城県知事から陸上自衛隊施設学校長(勝田)に対して、孤立者の救助、ボートによる避難支援及び土嚢による水防活動等に係る災害派遣要請があった。また、茨城県知事から陸上自衛隊施設学校長に対して、11日(金)に給水支援、12日(土)に入浴支援、15日(火)に防疫活動に係る追加の要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自
施設学校(勝田)、第1施設団(古河)、東部方面航空隊(立川)、第12ヘリコプター隊(相馬原、北宇都宮)、自衛隊東京地方協力本部、自衛隊神奈川地方協力本部、自衛隊栃木地方協力本部、自衛隊茨城地方協力本部、第1空挺団(習志野)、第1師団司令部(練馬)、第12旅団司令部(相馬原)、第1施設大隊(朝霞)、第1偵察隊(練馬)、武器学校(土浦)、第1飛行隊(立川)、航空学校(明野、霞ヶ浦、宇都宮)、第1ヘリコプター団(木更津)、第1普通科連隊(練馬)、第32普通科連隊(大宮)、第34普通科連隊(板妻)、第1特科隊(北富士)、第1戦車大隊(駒門)、第1通信大隊(練馬)、第1後方支援連隊(練馬)、第1特殊武器防護隊(練馬)、第4施設群(座間)、第31普通科連隊(武山)、第1高射特科大隊(駒門)
海自
第21航空群(館山)、第51航空隊(厚木)
空自
百里救難隊(百里)、浜松救難隊(浜松)、偵察航空隊(百里)

(2)活動規模

人員
(現地活動従事者)約475名(延べ約7535名)
車両
165両(延べ約2150両)
ボート
約0隻(延べ約180隻)
航空機
1機(延べ105機)
その他
LO人員約15名、LO車両約5両
(LO人員延べ約235名、LO車両延べ約85両)

(3)主な対応状況

【9日(水)】
16時10分自衛隊神奈川地方協力本部のLO(人員1名)が神奈川県庁へ向け出発。
【10日(木)】
01時01分第1施設団のLO(人員3名、車両1両)が鹿沼市役所へ向け駐屯地を出発。
03時30分防衛省災害対策連絡室を設置。
04時15分第12特科隊のLO(人員2名、車両1両)が鹿沼市役所へ向け駐屯地を出発。
05時30分自衛隊栃木地方協力本部のLO(人員8名、車両1両)が栃木県庁、日光市役所、栃木市役所、小山市役所、宇都宮市役所へ向け出発。
05時35分施設学校のLO(人員2名、車両1両)が茨城県庁へ向け駐屯地を出発。
05時50分第1師団司令部のLO(人員2名、車両1両)が東京都庁へ向け駐屯地を出発。
06時10分自衛隊東京地方協力本部のLO(人員1名)が東京都庁へ向け出発。
06時10分第1空挺団のLO(人員2名、車両1両)が千葉県庁へ向け駐屯地を出発。
06時30分第32普通科連隊のLO(人員2名、車両1両)が埼玉県庁へ向け駐屯地を出発。
07時10分防衛省災害対策連絡室を防衛省災害対策室へ改組。
07時25分第1施設団のLO(人員3名、車両1両)が常総市役所へ向け駐屯地を出発。
07時40分施設学校のLO(人員3名、車両2両)が常総市役所へ向け駐屯地を出発。
第12旅団司令部のLO(人員2名、車両1両)が鹿沼市役所へ向け駐屯地を出発。
08時03分自衛隊茨城地方協力本部のLO(人員4名、車両1両)が筑西市役所、常総市役所、結城市役所、茨城県庁へ向け駐屯地を出発。
08時30分武器学校のLO(人員10名、車両5両)が筑西市役所、常総市役所、結城市役所、茨城県庁へ向け駐屯地を出発。
09時05分茨城県知事から陸上自衛隊施設学校長に対して、ボートによる避難支援及び土嚢による水防活動等に係る災害派遣要請。
09時45分第1施設団のFAST-Force(人員約20名)が、常総市での避難支援実施のため駐屯地を出発。
09時55分施設学校のFAST-Force(人員約20名)が、常総市での避難支援実施等のため駐屯地を出発。
10時45分自衛隊栃木地方協力本部のLO(人員2名)が鹿沼市役所へ向け駐屯地を出発。
11時00分第1施設団のFAST-Force(人員約15名)が、結城市での人命救助活動のため駐屯地を出発。
11時38分第12ヘリコプター隊のUH-60×4機が救難活動のため駐屯地を離陸。
11時59分東部方面航空隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
12時20分第1施設大隊のFAST- Force(人員約35名)が古河駐屯地へ向け駐屯地を出発。
第1施設団の主力部隊(人員約160名)が古河駐屯地へ向け駐屯地を出発。
12時45分百里救難隊のUH-60×2機が救難活動のため基地を離陸。
12時50分百里救難隊のU-125×2機が救難活動のため基地を離陸。
13時00分第1師団司令部のLO(人員3名、車両1両)が古河駐屯地に向け駐屯地を出発。
13時25分第32普通科連隊、第1普通科連隊の主力部隊(人員計150名)が古河駐屯地へ向け駐屯地を出発。
14時19分第1飛行隊のUH-1×3機が救難活動のため基地を離陸。
14時30分第1施設大隊の主力(人員約40名)が常総市役所へ向け駐屯地を出発。
14時37分浜松救難隊のUH-60×1機が救難活動のため基地を離陸。
14時58分第21航空群のUH-60×1機、SH-60×1機が救難活動のため基地を離陸。
15時17分航空学校のUH-1×1機及びUH-60×1機が救援活動のため基地を離陸。
15時37分第51航空隊のSH-60×2機が救難活動のため基地を離陸。
16時45分航空学校のUH-1×2機が救難活動のため基地を離陸。
16時53分第1ヘリコプター団のUH-60×2機が救援活動のため基地を離陸。
17時24分東部方面航空隊のUH-1×2機が救援活動のため基地を離陸。

各部隊は、24時間態勢で孤立者の救助及びボートによる避難支援を実施

10日の人員(現地活動従事者)約440名、車両約160両、ボート約45隻

10日の航空機25機
・第1飛行隊 UH-1×3機
・第12ヘリコプター隊 UH-60×4機
・東部方面航空隊 UH-1×1機(映像電送機)、UH-1×2機
・航空学校 UH-1×3機、UH-60×1機
・第1ヘリコプター団 UH-60×2機
・第21航空群 UH-60×1機、SH-60×1機
・第51航空隊 SH-60×2機
・百里救難隊 UH-60×2機、U-125×2機
・浜松救難隊 UH-60×1機

【11日(金)】

各部隊は、24時間態勢で孤立者の救助及びボートによる避難支援を実施

11日の人員(現地活動従事者)約550名、車両約190両、ボート約25隻

11日の航空機32機
・第1飛行隊 UH-1×2機、OH-6×2機
・第12ヘリコプター隊 UH-60×3機
・東部方面航空隊 UH-1×2機(映像電送機)、UH-1×4機、OH-6×2機
・航空学校 UH-1×3機、UH-60×4機
・第1ヘリコプター団 UH-60×2機
・第21航空群 UH-60×1機、SH-60×1機
・第51航空隊 SH-60×2機
・百里救難隊 UH-60×2機、U-125×1機
・浜松救難隊 UH-60×1機

【12日(土)】

陸上自衛隊各部隊は、24時間態勢で孤立者の救助、ボートによる避難支援及び給水支援を実施

12日の人員(現地活動従事者)約700名、車両約200両(水タンク車4両及び水トレーラー4両を含む)、ボート約30隻

12日の航空機17機
・第1飛行隊 UH-1×3機、OH-6×2機
・東部方面航空隊 UH-1×2機(映像伝送機)、UH-1×4機
・航空学校 UH-1×3機、UH-60×3機

【13日(日)】

陸上自衛隊各部隊は、
・警察、消防と協同で人命救助及び行方不明者捜索を実施
・給水支援を24時間態勢で実施
・入浴支援の準備完了

13日の人員(現地活動従事者)約840名、車両約225両(水タンク車4両及び水トレーラー4両を含む)、ボート約30隻

13日の航空機11機
・第1飛行隊 UH-1×3機、OH-6×1機
・東部方面航空隊 UH-1×2機(映像伝送機)、UH-1×3機、OH-1×1機
・偵察航空隊 RF-4×1機

【14日(月)】

陸上自衛隊各部隊は、
・警察、消防と協同で人命救助及び行方不明者捜索を実施
・給水支援を24時間態勢で実施
・入浴支援を実施
・水防活動(土嚢積み)を八間堀川護岸で実施

14日の人員(現地活動従事者)約850名、車両約220両(水タンク車5両及び水トレーラー4両を含む)、ボート約25隻

14日の航空機10機
・第1飛行隊 UH-1×1機
・第12ヘリコプター隊 OH-6×3機
・東部方面航空隊 UH-1×2機(映像伝送機)、UH-1×3機、OH-6×1機

【15日(火)】

陸上自衛隊各部隊は、
・警察、消防と協同で人命救助及び行方不明者捜索を実施
・給水支援を24時間態勢で実施
・入浴支援を実施
・水防活動(土嚢積み)を八間堀川護岸及び鬼怒川沿いの道路で実施
・防疫活動(消毒)を常総市内の第六保育所で実施

15日の人員(現地活動従事者)約820名、車両約220両(水タンク車3両及び水トレーラー5両を含む)、ボート約25隻

15日の航空機6機
・東部方面航空隊 UH-1×2機(映像伝送機)、UH-1×3機、OH-1×1機

【16日(水)】

陸上自衛隊各部隊は、
・警察、消防と協同で人命救助及び行方不明者捜索を実施
・給水支援を24時間態勢で実施
・入浴支援を実施
・水防活動(土嚢積み)を八間堀川護岸及び鬼怒川沿いの道路で実施
・防疫活動(消毒)を常総市内の第六保育所、第二保育所で実施

16日の人員(現地活動従事者)約1140名、車両約290両(水タンク車3両及び水トレーラー5両を含む)、ボート0隻

16日の航空機1機
・東部方面航空隊 UH-1×1機(映像伝送機)

【17日(木)】

陸上自衛隊各部隊は、
・警察、消防と協同で人命救助及び行方不明者捜索を実施、冠水地域を除き捜索活動終了
・給水支援を24時間態勢で実施
・入浴支援を実施
・水防活動(土嚢積み)を八間堀川護岸で実施

17日の人員(現地活動従事者)約1150名、車両約290両(水タンク車3両及び水トレーラー5両を含む)、ボート0隻

17日の航空機0機

【18日(金)】

陸上自衛隊各部隊は、
・警察、消防と協同で人命救助及び行方不明者捜索を実施、自衛隊捜索予定地域の捜索活動終了。共同捜索地域については、活動終了時に冠水していた地域を除き捜索活動終了
・給水支援を24時間態勢で実施
・入浴支援を実施

18日の人員(現地活動従事者)約570名、車両約190両(水タンク車2両及び水トレーラー5両を含む)、ボート0隻

18日の航空機2機
・第1飛行隊 UH-1×1機
・東部方面航空隊 UH-1×1機(映像伝送機)

【19日(土)】

陸上自衛隊各部隊は、
・人命救助及び行方不明者の捜索活動を終了
・給水支援を22時まで実施
・入浴支援を22時まで実施
・常総市内の第三保育所で防疫活動(消毒)を終了

19日の人員(現地活動従事者)約475名、車両約165両(水タンク車1両及び水トレーラー2両を含む)、ボート0隻

19日の航空機1機
・第1飛行隊 UH-1×1機

22時00分 災害派遣の撤収。

【自衛隊による救助実績(10日~19日)】
◯合計2015名

自衛隊の部隊別救助者数
部隊名 救助者数
ボートによる救助 施設学校 小計1292名
第1施設団
第1施設大隊
第1普通科連隊
第32普通科連隊
第1偵察隊
第1空挺団
航空機による救助 第1飛行隊 96名 小計723名
第12ヘリコプター隊 55名
東部方面航空隊 174名
航空学校 166名
第1ヘリコプター団 30名
第21航空群及び第51航空隊 61名
百里救難隊及び浜松救難隊 141名
合計 2015名

【自衛隊による行方不明者捜索実績(13日)】
◯合計1名

自衛隊による行方不明者捜索実績
部隊名 発見者数
施設学校 1名

【自衛隊による給水実績(12日~19日22時00分)】
◯合計約76.3トン

自衛隊による給水実績
部隊名 給水量 給水箇所(常総市)
第1後方支援連隊 65.9トン ・常総市地域交流センター(12日~17日12時)
・五箇公民館(12日~19日22時
・常総市役所(12日~18日12時)
・老人ホーム「そよ風」(12日~19日22時
・ファインズ・マスダ(15日~18日12時)
第1特殊武器防護隊 約10.4トン

【自衛隊による入浴支援実績(14日~19日22時00分)】
◯合計1554名

自衛隊による入浴支援実績
部隊名 入浴者数 入浴支援箇所(常総市)
第1後方支援連隊 1554名 水海道駅南児童公園

【自衛隊による防疫活動実績(15日~19日)】

自衛隊による防疫活動内容
部隊名 活動場所(常総市) 活動内容
第1特殊武器防護隊
第1後方支援連隊
第六保育所(15日~16日) グラウンドの消毒
第二保育所(16日)
第三保育所(19日)

ページの先頭へ戻る