関東地方から北日本にかけての大雨に係る災害派遣について(宮城)(最終報)

平成27年9月11日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成27年9月11日(金)02時30分

(2)要請元

宮城県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第6師団長(神町)

(4)要請の概要

孤立者の救助

(5)発生場所

宮城県大和町、宮城県渋井川

(6)撤収日時

平成27年9月11日(金)19時30分

2.災害派遣までの経緯

 平成27年9月11日(金)02時30分、宮城県に大雨特別警報が発表され、大和町を流れる吉田川の一部が大雨により氾濫し、孤立者が発生したことから、宮城県知事から陸上自衛隊第6師団長(神町)に対し、孤立者の救助に係る災害派遣要請があった。
 更に、同日(5時頃)大崎市を流れる渋井川の氾濫に伴い、孤立者が発生したことから追加の活動要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自
第6戦車大隊(大和)、第6偵察隊(大和)、第22普通科連隊(多賀城)、第6飛行隊(神町)、東北方面航空隊(霞目)

(2)派遣規模

人員
約190名
車両
40両
航空機
7機
ボート
37隻
その他
LO人員25名、LO車両14両

(3)主な対応状況

【11日(金)】
02時30分宮城県知事から陸上自衛隊第6師団長に対し、孤立者の救助に係る災害派遣要請
03時23分以降第6戦車大隊及び第6偵察隊(人員約40名、車両6両、ボート5隻)が、大和町での人命救助活動のため駐屯地を出発。
04時50分 第22普通科連隊のLO(人員25名、車両14両)が、宮城県庁のほか関係自治体へ向け駐屯地を出発。
08時20分以降東北方面航空隊のUH-1×1機が情報収集活動のため駐屯地を離陸。
09時59分以降東北方面航空隊のUH-1×4機が救難活動のため駐屯地を離陸。
11時45分以降第22普通科連隊(人員約150名、車両34両、ボート32隻)が、人命救助活動のため駐屯地を出発。
13時29分以降第6飛行隊のOH-1×1機及びUH-1×1機が、情報収集活動のため駐屯地を離陸。
19時30分撤収要請。(孤立地域の解消のため)

※ 自衛隊の救助者数:54名

※ 下線部は9月14日に訂正

ページの先頭へ戻る