茨城県における大雨に伴う孤立者救助等に係る災害派遣について(14時40分現在)

平成27年9月10日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成27年9月10日(木)09時05分

(2)要請元

茨城県知事

(3)要請先

陸上自衛隊施設学校長(勝田)

(4)要請の概要

ボートによる避難支援及び土嚢による水防活動等

(5)発生場所

茨城県

2.災害派遣までの経緯

 平成27年9月10日(木)7時45分、茨城県に大雨特別警報が発表され、鬼怒川において越水が発生した。このため、同日9時05分、茨城県知事から陸上自衛隊施設学校長(勝田)に対して、孤立者の救助、ボートによる避難支援及び土嚢による水防活動等に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自
施設学校(勝田)、第1施設団(古河)、東部方面航空隊(立川)、第12ヘリコプター隊(宇都宮)
空自
百里救難隊(百里)

(2)派遣規模

人員
約55名
車両
約20両
ボート
約10隻
航空機
8機
その他
LO人員7名、LO車両3両

(3)主な対応状況

【10日(木)】
03時30分防衛省災害対策連絡室を設置。
05時35分施設学校のLO(人員2名、車両1両)が茨城県庁に向け駐屯地を出発。
07時10分防衛省災害対策連絡室を防衛省災害対策室へ改組。
07時40分施設学校のLO(人員3名、車両2両)が常総市役所へ向け駐屯地を出発。
09時05分茨城県知事から陸上自衛隊施設学校長に対して、ボートによる避難支援及び土嚢による水防活動等に係る災害派遣要請。
09時45分第1施設団のFAST-Force(人員約20名、車両約5両、ボート約5隻)が、避難支援実施のため駐屯地を出発。
09時55分施設学校のFAST-Force(人員約20名、車両約5両、ボート2隻)が、常総市での避難支援実施等のため駐屯地を出発。
10時45分 自衛隊栃木地方協力本部のLO(人員2名)が鹿沼市役所へ向け駐屯地を出発。
11時00分 第1施設団のFAST-Force(人員約15名、車両約5両、ボート約3隻)が、結城市での避難支援実施のため駐屯地を出発。
11時38分 第12ヘリコプター隊のUH-60×4機が情報収集のため駐屯地を離陸。
11時59分東部方面航空隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
12時45分 百里救難隊のUH-60×2機が救難活動のため基地を離陸。
12時50分百里救難隊のU-125×1機が救難活動のため基地を離陸。
13時16分第1偵察隊のFAST-Force(人員等確認中)が常磐市役所に到着。
13時28分第1施設団が結城市中地区において5名を救助。
13時42分百里救難隊のUH-60が、ホイスト吊り上げにより2名を救助。

※ 引き続き活動中

ページの先頭へ戻る