第7回日・ASEAN諸国防衛当局次官級会合の開催について

平成27年8月28日
防衛省

1 趣旨

ASEAN諸国の防衛当局次官級を我が国に招聘し、地域の安全保障上の課題について率直な対話を行うことにより、緊密な関係を構築することを目的として開催。第7回会合は、9月6日(日)から同月7日(月)の間、札幌グランドホテル(札幌市中央区)にて開催予定。

2 主要プログラム

(1)マレーシア国防大臣による基調講演(9月6日(日))

 日・ASEAN諸国防衛当局次官級会合の新たなプログラムとして、ASEAN諸国の国防大臣(1名)が、日・ASEAN防衛協力の将来について講演。今年は、ASEAN議長国マレーシアのヒシャムディン国防大臣が実施予定。

(2)本会合(9月7日(月))

 本年5月、アジア安全保障会議(シャングリラ会合)にて中谷防衛大臣が提唱した「シャングリラ・ダイアログ・イニシアティブ」に基づき、

  • ①「海と空における共通のルール及び法規を普及するために」、
  • ②「海と空の安全保障を促進するために」及び
  • ③「災害対処能力を向上するために」

の3つのセッションを予定している。
議長は、德地秀士防衛審議官。

3 参加者(調整中)

ASEAN諸国防衛当局次官級及びASEAN事務次長
※ なお、参加国との二国間会談や参加者による部隊視察を調整中

ページの先頭へ戻る