苫小牧沖におけるフェリーさんふらわあだいせつの火災に係る災害派遣について(最終報)

平成27年7月31日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成27年7月31日(金)18時45分

(2)要請元

第一管区海上保安本部長

(3)要請先

航空自衛隊第2航空団司令(千歳)

(4)要請の概要

回転翼機による乗員の救助

(5)発生場所

北海道苫小牧市の南約60㎞

(6)撤収要請日時

平成27年7月31日(金)20時27分

2.災害派遣までの経緯

 平成27年7月31日(金)17時38分頃、北海道苫小牧市の南約60㎞付近を航行中のフェリー「さんふらわあ だいせつ」から第一管区海上保安本部に、火災が発生した旨の通報があった。このため、同日18時45分、第一管区海上保安本部長から航空自衛隊第2航空団司令に対し、回転翼機による乗員の救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

空自
千歳救難隊(千歳)

(2)派遣規模

航空機
3機

(3)主な対応状況

【31日(金)】
18時45分第一管区海上保安本部長から航空自衛隊第2航空団司令に対して災害派遣要請

◯ 千歳救難隊のU-125×1機及びUH-60×2機が救助のため千歳基地で待機。

20時27分  撤収要請。

ページの先頭へ戻る