小笠原諸島西方沖を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応について(23時55分現在)

平成27年5月30日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.経緯

 平成27年5月30日(土)20時24分頃、小笠原諸島西方沖を震源(マグニチュード8.5)とする地震が発生。東京都小笠原村母島、神奈川県二宮町で最大震度5強を観測した。

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸自
第1師団司令部(練馬)、第31普通科連隊(武山)、第32普通科連隊(大宮)、第1飛行隊(立川)、東部方面航空隊(立川)、埼玉地方協力本部(さいたま市)
海自
第4航空群(厚木)、硫黄島航空基地分遣隊(硫黄島)、第21航空群(館山)
空自
第7航空団(百里)

(2)活動規模

人員
9名
車両
3両
航空機
7機

(3)主な対応状況

【30日(土)】
20時29分防衛省災害対策連絡室を設置。
20時45分第7航空団のFAST- Force(F-15×2機)が情報収集のため離陸。
21時00分第1師団司令部のLO(人員2名、車両1両)が情報収集のため東京都庁に向け出発。
21時14分硫黄島航空基地分遣隊のFAST- Force(UH‐60×1機)が情報収集のため離陸。
21時14分第21航空群のFAST- Force(UH‐60×1機)が情報収集のため離陸。
21時16分第1航空隊のFAST- Force(UH-1×1機)が情報収集のため離陸。
21時21分第4航空群のFAST- Force(P-3C×1機)が情報収集のため離陸。
21時23分東部方面航空隊のFAST- Force(UH-1×1機)が情報収集のため離陸。
21時25分第32普通科連隊のLO(人員4名、車両1両)が情報収集のため埼玉県庁に向け出発。
21時45分埼玉地方協力本部のLO(人員1名)が情報収集のため埼玉県庁に向け出発。
21時49分第31普通科連隊のLO(人員2名、車両1両)が情報収集のため神奈川県庁に向け出発。

ページの先頭へ戻る