CV-22オスプレイの横田飛行場配備について

平成27年5月12日
防衛省

1 

 5月11日(現地時間同日)、米国政府から日本政府に対し、2017年(平成29年)後半からCV-22オスプレイを横田飛行場に配備する旨の接受国通報があり、本12日(現地時間5月11日)、米国防省が同内容を発表しました。

2 

 日本政府としては、我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、米国が、リバランス政策や即応態勢整備の一環として、高い性能を有するCV-22オスプレイを我が国に配備することは、日米同盟の抑止力・対処力を向上させ、アジア太平洋地域の安定にも資すると考えています。

3 

 政府としては、地元の皆様の御理解と御協力を頂けるよう、今後とも誠意をもって丁寧に対応していく考えです。

ページの先頭へ戻る