日米拡大抑止協議について

平成27年2月16日
防衛省

 標記について、下記のとおり予定されているのでお知らせします。

日米両国は、2月16日から18日まで、都内等において、日米拡大抑止協議を実施します。日本側からは、鈴木防衛省防衛政策局次長、鈴木外務省北米局参事官他が、米側からは、バン国防次官補代理(核・ミサイル防衛政策担当)、ヘルビー国防次官補代理(東アジア政策担当)、フリート筆頭国務次官補代理(核・戦略政策担当)他がそれぞれ出席します。

日米拡大抑止協議は、日米安保・防衛協力の一環として、いかに日米同盟の抑止力を確保していくかについて率直な意見交換を行うものであり、米国から抑止力の提供を受けている我が国が米国の抑止政策について理解を深め、我が国の安全を確保する上で必要な政策調整を行う場として機能しています。

なお、日米間では、従来から拡大抑止に関する協議を様々な形で行っていますが、2010年以降、定期的に行っています。

ページの先頭へ戻る