山形県酒田市の海岸付近における座礁船船員の救助に係る災害派遣について(最終報)

平成26年12月23日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年12月23日(火)05時30分

(2)要請元

第二管区海上保安本部長

(3)要請先

航空自衛隊航空救難団司令(入間)

(4)要請の概要

座礁船船員の救助

(5)発生場所

山形県酒田市酒田港の南約7.2kmの海岸付近

(6)撤収要請日時

平成26年12月23日(火)08時42分

2.災害派遣までの経緯

 平成26年12月23日(火)00時00分頃、パナマ船籍の貨物船「M STAR 1」から第二管区海上保安本部に、山形県酒田市酒田港の南約7.2kmの海岸付近で船が座礁し、船員18名(韓国人1名、ミャンマー人17名)が船内に取り残された旨の通報があった。現場海域が大しけで海からの救助が困難なため、同日05時30分、第二管区海上保安本部長から航空自衛隊航空救難団司令に対して、座礁船船員の救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

空自
秋田救難隊(秋田)、新潟救難隊(新潟)

(2)派遣規模

航空機
4機

(3)主な対応状況

【23日(火)】
05時30分第二管区海上保安本部長から航空自衛隊航空救難団司令に対して、災害派遣要請
06時07分秋田救難隊のUH-60×1機が離陸。以降、救助活動を実施。
06時18分秋田救難隊のU-125×1機が離陸。以降、救助活動を実施。
06時23分新潟救難隊のU-125×1機が離陸。以降、救助活動を実施。
06時30分新潟救難隊のUH-60×1機が離陸。以降、救助活動を実施。
07時08分秋田救難隊及び新潟救難隊のUH-60が座礁船上空からのホイスト吊り上げにより船員18名全員を救助。
08時42分撤収要請。

ページの先頭へ戻る