徳島県における道路啓開に係る災害派遣について(21時00分現在)

平成26年12月7日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年12月6日(土)14時00分

(2)要請元

徳島県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第14旅団長(善通寺(ぜんつうじ))

(4)要請の概要

倒木等による孤立集落解消のための道路啓開

(5)発生場所

徳島県東みよし町、つるぎ町及び三好市池田町、井川町

2.災害派遣までの経緯

 平成26年12月6日(土)、徳島県東みよし町及びつるぎ町で積雪による倒木等のため道路が寸断し孤立集落が発生したため、14時00分、徳島県知事から陸上自衛隊第14旅団長に対し、倒木等による孤立集落解消のための道路啓開に係る災害派遣要請があった。また、7日(日)、徳島県三好市池田町、井川町についても同様の要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自
第15普通科連隊(善通寺)、第14施設隊(徳島)、
中部方面通信群(伊丹)、中部方面航空隊(八尾)、
第14飛行隊(北徳島)

(2)派遣規模

人員
約175名(延べ約240名)
車両
約45両(延べ約65両)
航空機
4機

(3)主な対応状況

【6日(土)】
14時00分徳島県知事から陸上自衛隊第14旅団長に対し、災害派遣要請
14時55分第15普通科連隊(人員約30名、車両約10両)が駐屯地を出発。以降、活動準備。
16時25分第14施設隊(人員約15名、車両1両)が駐屯地を出発。以降、活動準備。
20時00分第14施設隊(人員約10名、車両約5両)が駐屯地を出発。
21時00分中部方面通信群(人員約10名、車両3両)が駐屯地を出発。
【7日(日)】
04時30分第15普通科連隊増援部隊(人員約50名、車両約15両)が駐屯地を出発。以降、道路啓開活動を実施。
05時39分中部方面航空隊のUH-1×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
05時41分中部方面航空隊のUH-1×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
06時00分第15普通科連隊(人員約30名、車両約10両)が道路啓開活動を開始。
06時59分第14飛行隊のUH-1×2機が離陸。以降、情報収集活動実施。
07時00分第14施設隊(人員約25名、車両約5両)が道路啓開活動を開始。
12時59分第14飛行隊のUH-1×1機が離陸。以降、隊員等のホイストによる降下を実施し、地上偵察活動等を実施。
13時21分第14飛行隊のUH-1×1機が物資輸送のため離陸。
14時00分第15普通科連隊増援部隊(人員約60名、車両約10両)が駐屯地を出発。以降、道路啓開活動のための情報収集活動実施。

※自治体との調整により、明日も朝から道路啓開等を実施予定。

ページの先頭へ戻る