海上自衛隊C-130Rの厚木基地配備について

平成26年11月13日
防衛省

1 

 平成26年11月14日(金)、平成23年度補正予算において措置したC-130R×1機が厚木基地に配備されることとなりました。

2 

 C-130Rは、海上自衛隊が使用している輸送機(YS-11)の後継機として、平素における海上自衛隊基地間の人員や物資の輸送を担うほか、大規模災害発生時の救援物資等の輸送に対応するものです。

3 

 なお、今年度中に合計6機が、厚木基地へ配備される予定です。

機種の主要諸元 (参考)
細目 内容
航空機の名称 C-130R
乗員(輸送人員) 6名(92名)
有効搭載量 約20トン
最大巡航速度 約320KT
全長 29.8m
全高 11.7m
全幅 40.4m
外観

写真は、C-130Rの原型機であるKC-130R

ページの先頭へ戻る