御嶽山における噴火に係る災害派遣について(23時00分現在)

平成26年9月29日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年9月27日(土)14時31分

(2)要請元

長野県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第13普通科連隊長(松本)

(4)要請の概要

人命救助

(5)発生場所

長野県御嶽山(おんたけさん)

2.災害派遣までの経緯

 平成26年9月27日(土)、御嶽山で噴火が発生、同日14時31分、長野県知事から陸上自衛隊第13普通科連隊長に対し、人命救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自
第12ヘリコプター隊(相馬原、北宇都宮)、
東部方面航空隊(立川)、富士教導団(富士・滝ヶ原)、
第13普通科連隊(松本)、第12偵察隊(相馬原)、
第2普通科連隊(高田)、東方混成団(駒門)、
第12化学防護隊(相馬原)、第12後方支援隊(相馬原)

(2)派遣規模

人員
約380名(延べ約910名)
車両
約85両(延べ約230両)
航空機
12機(延べ31機)

(3)主な対応状況

【27日(土)】
14時31分長野県知事から陸上自衛隊第13普通科連隊長に対して災害派遣要請
15時14分第12ヘリコプター隊のUH-60×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
15時25分第13普通科連隊のFAST- Force(人員約40名、車両約5両)が松本駐屯地を出発。以降、救助活動の準備。
15時26分第12ヘリコプター隊のOH-6×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
15時52分第12偵察隊(人員約20名、車両約10両)が相馬原駐屯地出発。以降、救助活動の準備。
15時55分東部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が離陸。以降、情報収集活動実施。
17時40分第13普通科連隊の捜索部隊(人員約30名、車両約15両)が登山道黒沢口へ向け出発。以降、救助活動の準備。
21時20分第13普通科連隊の捜索部隊(人員約90名、車両約20両)が登山道田の原口へ向け出発。
23時15分第2普通科連隊(人員約80名、車両約20両)が松本駐屯地到着。

第12ヘリコプター隊のOH-6×1機、UH-60×2機、CH-47×1機が松本駐屯地で待機。

【28日(日)】
02時41分富士教導団(人員約10名、車両5両)が登山道田の原口及び黒沢口へ向けて順次駐屯地を出発。
05時00分東部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が離陸。以降、情報収集活動実施。
05時30分第12ヘリコプター隊のUH-60×1機、OH-6×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
05時45分第13普通科連隊と第12偵察隊が登山道田の原口(人員約100名、車両約25両)及び黒沢口(人員約70名、車両約25両)から救助活動を行うため徒歩で前進開始。
06時20分第12ヘリコプター隊のUH-60×1機が離陸。以降、情報収集及び救助活動実施。
06時51分第12ヘリコプター隊のUH-60が剣ヶ峰山荘付近で2名をホイスト吊り上げにより救助。
08時29分東部方面航空隊のUH-1×1機が離陸。以降、情報収集実施。
10時00分第12ヘリコプター隊のUH-60×1機が離陸。以降、救助活動実施。
10時17分第12ヘリコプター隊のUH-60が剣ヶ峰東側の山小屋覚明堂で4名をホイスト吊り上げにより救助。
10時30分第12ヘリコプター隊のUH-60×1機が離陸。以降、救助活動実施。
10時40分剣が峰東側の石室山荘に登山道黒沢口より入山した第13普通科連隊等が到着。以後、同北東側の二の池本館小屋付近を捜索。
11時20分第12ヘリコプター隊のUH-60が覚明堂で1名をホイスト吊り上げにより救助。
13時18分第12ヘリコプター隊のUH-60が覚明堂で4名をホイスト吊り上げ及び接地により救助。
13時45分第12ヘリコプター隊のOH-6×1機が離陸。以降、情報収集及び救助活動実施。
13時47分第12ヘリコプター隊のUH-60が覚明堂で4名をホイスト吊り上げにより救助。
14時00分第13普通科連隊等は、火山性ガスの影響により活動を一時中断し、王滝登山道を、心肺停止者4名を搬送しつつ下山。
14時17分第12ヘリコプター隊のUH-60が覚明堂で4名をホイスト吊り上げにより救助。
16時53分第12ヘリコプター隊のUH-60が剣ヶ峰山荘付近で3名をホイスト吊り上げにより救助。
17時25分第12ヘリコプター隊のUH-60が剣ヶ峰山荘付近で1名をホイスト吊り上げにより救助。

17時25分現在、ホイスト吊り上げ及び接地による救助者23名(一部はUH-60が着陸し救助)
第12ヘリコプター隊のCH-47×3機及び東部方面航空隊のOH-6×1機が松本駐屯地で待機。
第12旅団(人員約10名)は王滝村役場に前方指揮所を設置。

【29日(月)】
05時00分第13普通科連隊等が登山道田の原口(人員約130名、車両約20両)、黒沢口(人員約100名、車両約25両)及び開田口(人員約40名、車両約10両)から救助活動を行うため徒歩で前進開始。
05時00分東部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が離陸。以降、情報収集活動実施。
05時28分第12ヘリコプター隊のCH-47×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
06時31分東部方面航空隊のUH-1×1機(映像伝送機)が離陸。以降、情報収集活動実施。
06時50分第12ヘリコプター隊のUH-60×2機が離陸。以降、救助活動実施。
06時55分第12ヘリコプター隊のUH-60×1機が離陸。以降、救助活動実施。
08時42分第13普通科連隊第1中隊が火山性ガスを感知し活動を一時中断。9合目避難小屋まで退避。
10時43分第12ヘリコプター隊のUH-60が一ノ池付近で心肺停止者3名を収容し離陸。
10時54分第12ヘリコプター隊のUH-60が一ノ池付近で心肺停止者3名を収容し離陸。
11時25分第13普通科連隊等は火山性ガス濃度上昇のため、田の原口登山道から下山開始。
11時46分第12ヘリコプター隊のUH-60が一ノ池付近で心肺停止者2名を収容し離陸。
12時28分東部方面航空隊のOH-1×1機が離陸。以降、情報収集活動実施。
13時16分第13普通科連隊等は、火山性ガス濃度上昇のため黒沢口登山道から下山開始。
13時44分開田口から登山した第13普通科連隊等は、山頂部の火山性ガス濃度上昇の情報のため、9合目三ノ池を経由して黒沢口登山道から下山開始。

本日の心肺停止者の搬送8名(28日から延べ12名)。
第2普通科連隊の人員約110名、車両約30両が松本駐屯地で待機中。
第12ヘリコプター隊のOH-6×2機、CH-47×2機及びUH―60×1機が松本駐屯地で待機。

※ 明日の活動は調整中。

ページの先頭へ戻る