台風8号に伴う人員等の輸送に係る災害派遣について(最終報)

平成26年7月9日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年7月9日(水)09時45分

(2)要請元

沖縄県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第15旅団長(那覇)

(4)要請の概要

人員及び機材の輸送

(5)発生場所

沖縄県慶良間(けらま)諸島渡嘉敷村(とかしきそん)及び座間味村(ざまみそん)

(6)撤収要請日時

平成26年7月9日(水)14時41分

2.災害派遣までの経緯

 平成26年7月8日(火)、台風第8号の影響により沖縄県慶良間諸島渡嘉敷村及び座間味村において停電が発生した。このため、9日(水)09時45分、沖縄県知事から陸上自衛隊第15旅団長に対して、沖縄電力(沖縄県浦添市(うらそえし))の人員及び機材の輸送に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自
第15ヘリコプター隊(那覇)

(2)派遣規模

航空機
1機

(3)主な対応状況

【9日(水)】
09時45分沖縄県知事から陸上自衛隊第15旅団長に対して、人員等の輸送に係る災害派遣要請
13時28分第15ヘリコプター隊のCH-47×1機が離陸。以後、輸送を実施。
14時41分撤収要請。

ページの先頭へ戻る