鹿児島県志布志(しぶし)湾沖における行方不明漁船捜索に係る災害派遣について(20時30分現在)

平成26年6月18日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年6月18日(水)16時00分

(2)要請元

第十管区海上保安本部長

(3)要請先

海上自衛隊第1航空群司令(鹿屋)

(4)要請の概要

行方不明漁船の捜索

(5)発生場所

鹿児島県志布志(しぶし)湾沖

2.災害派遣までの経緯

 平成26年6月17日(火)14時20分頃、東串良(ひがしくしら)漁協所属の漁船「第88将平丸」が鹿児島県志布志市波見(はみ)港を内之浦(うちのうら)方面に出港したまま行方不明となった。海上保安庁で捜索するも発見に至らず。このため、同月18日(水)16時00分、第十管区海上保安本部長から海上自衛隊第1航空群司令に対して行方不明漁船の捜索に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

海自
第1航空群(鹿屋)

(2)派遣規模

航空機
1機

(3)主な対応状況

【18日(水)】
※本日の活動は終了。明日の活動については、明朝5時より捜索を開始予定。
16時00分第十管区海上保安本部長から第1航空群司令に対して災害派遣要請
16時36分第1航空群のP-3C×1機が離陸。以後、捜索活動を実施。

ページの先頭へ戻る