マレーシア国際緊急援助活動の終結について

平成26年4月28日
防衛省

 平成26年3月8日に発生したマレーシア航空370便消息不明事案に関し、同月11日以降、自衛隊は国際緊急援助活動を実施していましたが、マレーシア政府及びオーストラリア政府との協議を踏まえ、本日「国際緊急援助活動の終結に関する自衛隊行動命令」を発出致しました。

 同命令に基づき、本日をもって、部隊は活動を終了し、5月1日を目途として本邦へ帰国することとしています。

 マレーシア国際緊急援助活動については、これまでP-3C哨戒機がマレーシア及びオーストラリアを拠点として、C-130H輸送機がマレーシアを拠点として、計46回(約400時間)の捜索活動を実施しました。


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る