平成26年2月の大雪による日本飛行機(株)整備施設の損壊により発生した自衛隊航空機の損害状況について

平成26年4月25日
防衛省

平成26年2月15日、神奈川県大和市に所在する日本飛行機(株)の整備施設(第1ハンガー)について、雪の重みにより中央部屋根が陥没する等の損壊が発生し、当該整備施設内に、定期修理中の自衛隊機6機(P-3C×3機、OP-3C×1機、EP-3×1機、UP-3D×1機)が所在しておりました※。

自衛隊機6機の損害状況について、暫定的に評価を実施したところ、
・ 4機(P-3C×3機、OP-3C×1機)は、今回の暫定評価においては、航空機としての修復について、今後の詳細な調査において確定する必要があるものの、現時点では困難であると見込まれます。
・ 2機(EP-3×1機、UP-3D×1機)は、相応の期間が必要であるものの、修復できる可能性があることが判明しました。
 当該自衛隊機については、今後、当該施設から搬出を行い、詳細な機体状況の調査を実施した上で、修復や部品取りの検討をする予定です。

※ これらの機体の定期修理に係る契約相手は川崎重工(株)であるが、下請負者として日本飛行機(株)が定期修理の一部を実施しているもの。

ページの先頭へ戻る