(株)島津製作所及び(株)鶴見精機による過大請求事案に係る返納金の国庫への納入等について

平成26年3月25日
防衛省

 (株)島津製作所及び(株)鶴見精機の過大請求事案については、同社による調査結果及び再発防止策の報告を受け、その内容を確認しておりましたが、平成26年3月25日、当省との契約における過大請求に関する返納金が下記表のとおり同社から国庫に納入されたため、(株)島津製作所及び(株)鶴見精機に対する指名停止は、本日を以って期間を満了し、終了いたしました。

会社名 過払額 延滞金 違約金 合 計
㈱島津製作所 約93億円 約22.8億円 約100億円 約216億円
㈱鶴見精機 約4.8億円 約1.2億円 約2.1億円 約8.2億円

※四捨五入により計が符合しないことがある。

 なお、(株)島津製作所に対する特別調査(注1)の過程で、平成20年度に技術研究本部と締結した製造請負契約で、いわゆる「翌年度納入」(注2)が行われていたことが判明しましたので、本日、同社に対し厳重注意いたしました。

(注1)特別調査:過払額の算定を行うための調査
(注2)翌年度納入:納期後である翌年度に、契約物品が納入されたのにも関わらず、当該契約物品が納期前の現年度に納入されたとして、この対価が支払われている納入処置

 また、古野電気(株)から装備品に係る契約に関し、不正に工数を付け替え、過大に申告していた旨の自発的な申告があり、装備施設本部において、同社の申告内容等の事実関係が確認できたので、今後、同社に対して特別調査を実施することといたします。

ページの先頭へ戻る