砕氷艦「しらせ」の座礁事案について

平成26年2月17日
防衛省

第55次南極地域観測に協力中の海上自衛隊砕氷艦「しらせ」は、南極地域観測隊からの依頼を受け、南極のロシア・マラジョージナヤ基地(現在無人状態)周辺の状況を調査するため、同基地沖(約700m地点)を砕氷航行中のところ、平成26年2月16日(日)日本時間13時40分頃、暗礁に接触し、座礁しました。

現在、「しらせ」船体に一部浸水が認められるものの、人員への被害はなく、油の流出はありません。また、浸水部は二重底となっており、艦の構造上、離礁できれば航行に支障はありません。

「しらせ」は、現地の満潮に合わせて離礁作業を試みておりますが、平成26年2月17日(月)日本時間17時現在まで、離礁できておりません。

なお、昭和基地への補給品等の輸送支援については、平成26年2月8日(土)までに完了しています。

ページの先頭へ戻る