平成26年2月大雪に伴う災害派遣について(11時00分現在)

平成26年2月16日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

【①山梨県甲府市近郊における救援活動】

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年2月15日(土)11時20分

(2)要請元

山梨県知事

(3)要請先

第1師団長(練馬)

(4)要請の概要

人命救助及び物資輸送

(5)発生場所

山梨県甲府市近郊

2.災害派遣までの経緯

 平成26年2月14日(金)、山梨県甲府市近郊(甲府市~河口湖間)において雪崩が発生。西湖付近では観光バス(乗員及び乗客19名)1両が降雪等により孤立状態となるほか、精進湖付近において孤立者が発生。
 警察、消防により車両の乗員及び孤立者の救出を試みるも、降雪により救出に至らず、15日(土)11時20分、山梨県知事から陸上自衛隊第1師団長に対して災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自 第1飛行隊(立川)、東部方面航空隊(立川)、第1特科隊(北富士)、第364施設中隊(駒門)

(2)派遣規模

人員 約15名(延べ約35名)
車両 約 5両(延べ約10両)
航空機 7機(延べ 17機)

(3)主な対応状況

【15日(土)】
11時20分 山梨県知事から第1師団長に対して、救援活動に係る災害派遣要請
12時45分 第1飛行隊のFAST-Force(OH-6×1機)が離陸。以後、偵察活動を実施。
14時23分 第1飛行隊のUH-1×1機が離陸。以後、人命救助活動及び物資輸送活動を実施。
14時58分 東部方面航空隊のUH-1×1機が離陸。以後、人命救助活動を実施。
15時04分 第1特科隊の偵察部隊(人員約5名、車両1両)が偵察活動を実施。
15時25分 第1特科隊の偵察部隊(人員約5名、車両1両)が偵察活動を実施。
16時55分 第1特科隊の輸送部隊(人員約5名、車両2両)が駐屯地を出発。以後、物資輸送活動を実施。
17時07分 第1特科隊の輸送部隊(人員約5名、車両1両)が駐屯地を出発。以後、物資輸送活動を実施。
17時16分 第1飛行隊のUH-1×1機が離陸。以後、人命救助活動を実施。
17時55分 第1飛行隊のUH-1×1機が離陸。以後、人命救助活動を実施。
19時16分 第1飛行隊のUH-1により孤立者(乗員及び乗客19名)を全員救出完了。
19時20分第1飛行隊のUH-1により孤立者4名の救助を完了。
20時39分第1飛行隊のUH-1により孤立者1名の救助を完了。
21時27分東部方面航空隊のUH-1×2機が立川駐屯地を離陸。
22時19分東部方面航空隊のUH-1×2機が立川駐屯地を離陸。
【16日(日)】
00時02分東部方面航空隊のUH-1×2機が立川駐屯地を離陸。
00時26分東部方面航空隊のCH-47×1機が立川駐屯地を離陸。
02時40分第364施設中隊(人員4名、車両3両)が駒門駐屯地を出発。
03時00分第1特科連隊の偵察部隊(人員4名、車両1両)が北富士駐屯地を出発。
05時46分第1飛行隊のUH-1×1機が滝ヶ原駐屯地を離陸。
06時30分東部方面航空隊のUH-1×1機(映伝機)が立川駐屯地を離陸。
06時38分東部方面航空隊のUH-1×1機(中継機)が立川駐屯地を離陸。
08時24分東部方面航空隊のUH-1×1機が滝ヶ原駐屯地を離陸。
10時00分第1特科隊の除雪部隊(人員5名、車両2両)が北富士駐屯地を出発。

【②群馬県高崎市における人命救助活動】

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年2月15日(土)14時50分

(2)要請元

群馬県知事

(3)要請先

第12旅団長(相馬原)

(4)要請の概要

人命救助

(5)発生場所

群馬県高崎市箕郷町松之沢

2.災害派遣までの経緯

 平成26年1月14日(金)01時00分頃、群馬県高崎市箕郷町(みさとまち)松之沢(まつのさわ)で雪崩が発生し、男性4名が車両で琴平山に向かう途中立ち往生し、身動きがとれなくなったことから、同年1月15日(土)14時50分群馬県知事から第12旅団長に対して、人命救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自 第12偵察隊(相馬原)、第48普通科連隊(相馬原)、第12ヘリコプター隊(相馬原)

(2)派遣規模

人員 (延べ約20名)
車両 (延べ約 5両)
航空機 1機(延べ  2機)

(3)主な対応状況

【15日(土)】
12時57分 第12偵察隊が(人員約5名、車両2両)自主派遣により相馬原駐屯地を出発。以後、偵察活動を実施。。
14時50分 群馬県知事から第12旅団長に対して、人命救助に係る災害派遣要請
15時35分 第48普通科連隊(人員約10名、車両1両)のFAST-Forceが相馬原駐屯地を出発。
16時36分 第12偵察隊が、徒歩で下山中の孤立者4名を発見。以後、警察に引き渡し。
17時04分 第12ヘリコプター隊OH-6×1機が相馬原駐屯地を離陸。以後、航空偵察活動を実施。
23時16分 第12後方支援隊(人員2名、車両1両)及び第12施設中隊(人員2名、車両1両)の第1偵察組が新町駐屯地を出発。
【16日(日)】
06時22分第1飛行隊のOH-1×1機が立川駐屯地を離陸。

【③ 長野県軽井沢町における人命救助活動】

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成26年2月15日(土)21時48分

(2)要請元

長野県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第13普通科連隊長(松本)

(4)要請の概要

人命救助等

(5)発生場所

長野県軽井沢町

2.災害派遣までの経緯

 15日(土)、雪害のため長野県軽井沢町の浅間山麓広域農道において車両約200両が渋滞したため、同日21時48分、長野県知事から陸自第13普通科連隊長に対して、人命救助等に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自 第13普通科連隊(松本))

(2)派遣規模

人員 約80名(延べ約120名)
車両 約10両

(3)主な対応状況

【15日(土)】
21時48分 長野県知事から第13普通科連隊長に対し、災害派遣要請
23時07分 第13普通科連隊のFAST-Force(人員約10名、車両2両)が駐屯地を出発。以後、偵察活動を実施。
23時20分 第13普通科連隊の増援部隊(人員約30名、車両約10両)が駐屯地を出発。以後、偵察活動を実施。
【16日(日)】
01時16分第13普通科連隊の主力部隊(人員約80名)が松本駐屯地を出発。

ページの先頭へ戻る