次期輸送機XC-2の地上試験において発生した不具合について

平成26年1月17日
防衛省

 次期輸送機XC-2については、平成26年度の開発完了に向け、現在、航空自衛隊岐阜基地において、技術・実用試験が実施されているところです。

 本年1月7日、地上試験機を使用して、機内の気圧を一定に保ちつつ高高度を飛行できるために必要な機体構造の強度確認のため、設計時に想定した荷重(機内外の気圧差)の約1.2倍の圧力を機内に加圧した際、同機の貨物扉、後部胴体等に損壊が発生しました。

 今回発生した不具合については、損壊等の詳しい状況について確認を行った上で、不具合原因の究明、対応策の検討を行ってまいります。

ページの先頭へ戻る