マリアナ諸島モーグ島における海難者捜索に係る災害派遣について(15時00分現在)

平成25年12月3日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成25年12月2日(月)21時15分

(2)要請元

第三管区海上保安本部長

(3)要請先

第4航空群司令(厚木)

(4)要請の概要

海難者捜索及び現場の情報収集

(5)発生場所

マリアナ諸島モーグ島

2.災害派遣までの経緯

 平成25年12月2日(月)18時48分、マリアナ諸島モーグ島(東京の南南東約1,817km付近の海域)において、二人乗りヨット(日本人2名乗船)が座礁し、救助を求める旨、乗船者の知人から第六管区海上保安本部に通報があり、同日19時40分、海上保安庁の巡視船「しきしま」が現場海域に向け出発したところ、同日21時15分、第三管区海上保安本部長から海上自衛隊第4航空群司令に対して、海難者捜索及び現場海域の情報収集に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

海自 第4航空群(厚木)

(2)派遣規模

航空機 2機

(3)主な対応状況

【2日(月)】
21時15分 第三管区海上保安本部長から第4航空群司令に対して、災害派遣要請
【3日(火)】
00時29分 第4航空群(厚木)のP3-C×1機が基地を出発。現場海域到着後、情報収集活動を実施し、海難者を確認。
08時55分 第4航空群(厚木)のP3-C×1機が基地を出発。現場海域到着後、情報収集活動を実施し、海上保安庁の巡視船による救助活動を支援。

ページの先頭へ戻る