フィリピン共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る自衛隊行動命令の発出について

平成25年11月12日
防衛省

 本日、フィリピン共和国から、フィリピン中部における台風被害に関し、自衛隊の救援活動について要請があり、本日、外務大臣から国際緊急援助活動の実施について協議がありました。
これを受けて、防衛省としては、国際緊急援助活動を行うため、防衛大臣から「国際緊急援助活動の実施に関する自衛隊行動命令」を発出しました。本命令の概要は、以下のとおりです。

・フィリピン国際緊急援助隊を編成し、医療活動等を実施。

 本指示を受け、防衛省としては準備が整い次第、医官数名を含む約50名の国際緊急援助隊を派遣する予定です。

 なお、今後状況に応じ部隊等を速やかに追加して派遣するため、所要の準備を実施する予定です。

ページの先頭へ戻る