第18回東京ディフェンス・フォ-ラム(アジア太平洋地域防衛当局者フォーラム)及び第3回TDFセミナーの開催について

平成25年10月8日
防衛省

第18回東京ディフェンス・フォーラム

(1)趣旨

防衛省は、10月29日(火)から同月31日(木)までの間、第18回東京ディフェンス・フォーラム(TDF)を開催する。

TDFは、平成8年よりASEAN地域フォーラム(ARF)参加国の防衛当局間の会合として防衛省が毎年度主催している国際会議であり、防衛政策局次長が議長を務め、アジア太平洋地域の国防省幹部(局長・将官レベル)の参加を得て、各国間の相互理解・透明性の向上のため、国防政策等に関する意見交換を実施している。

我が国が、来年4月より拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)の人道支援・災害救援専門家会合(HA/DR・EWG)の共同議長国をラオスと共に務めることを踏まえ、今回フォーラムでは、「アジア太平洋地域におけるHA/DR分野での協力の進展」を議題とする。議長は山本防衛政策局次長が務め、発災前の取組みとしての平素における各国のHA/DRへの備えや、HA/DR分野における多国間協力を進めていくためのASEAN地域フォーラム(ARF)やADMMプラス等の地域機構が果たすべき役割について、参加国からの発表を元に議論する。

また、部外有識者を招待した公開セミナー(TDFセミナー)及びこの機会を利用した参加国との局長級二国間会談等を行う。

(2)参加予定国・機関

 アジア太平洋地域の25か国(※)、欧州連合(EU)、ASEAN事務局、国連人道問題調整部(UNOCHA)、赤十字国際委員会(ICRC)

※ オーストラリア、バングラデシュ、ブルネイ、カンボジア、カナダ、中国、インド、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、韓国、ロシア、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、米国、ベトナム

(3)会場

ホテル椿山荘東京(文京区関口)

(4)主要日程

10月29日(火) 主催者挨拶(予定)
本会合(1日目)
局長級二国間会談等(調整により随時実施)
   30日(水) 第3回TDFセミナー
本会合(2日目)
局長級二国間会談等(調整により随時実施)
   31日(木) 部隊研修

第3回TDFセミナー

(1)趣旨

国内外から著名な有識者及び防衛当局者を招き、公開の場で議論を行い、安全保障環境改善のための取組に資するとともに、地域における対話・協力の促進に寄与することを目的として開催する。

議題は「サイバー安全保障と国防当局 ~サイバー空間の安定的な利用を目指して~」とし、サイバー安全保障の現状、将来の協力の可能性などについて議論を行う。

(2)議長、パネリスト

(議長) 橋本 靖明 防衛研究所理論研究部政治・法制研究室長
(パネリスト) 伊東 寛 株式会社ラック理事 サイバーセキュリティ研究所長
土屋 大洋 慶應義塾大学大学院教授
パナヨティス・ヤナコジョージス 米空軍研究所研究教授

(3)プログラム(予定)

10:00 開会挨拶
10:15 パネルディスカッション
11:30 質疑応答
11:55 議長総括

(4)会場

ホテル椿山荘東京(文京区関口)

ページの先頭へ戻る