航空自衛隊の次期戦闘機F-35Aに係る契約について

平成25年9月30日
防衛省

 平成25年度予算に計上している航空自衛隊の次期戦闘機F-35A(2機)の調達に係る契約が締結されましたので、以下のとおりお知らせいたします。

(契約の概要)

◯ 米国政府からの有償援助(FMS:Foreign Military Sales)
(※9月2日、引合受諾書(LOA:Letter of Offer and Acceptance)に署名)
・ F-35Aの機体(エンジンを除く) 2機 (約230億円)
・ F135エンジン 3台(※スペア1台含む)(約44億円)
・ 教育用機材 (約16億円)
・ ALGS整備費用 (約76億円)等
合計 約455億円

◯ 国内企業との契約(※9月30日締結)
平成25年度からは、F-35の部品等の製造に国内企業が参画することとしており、本年度については、①機体の最終組立・検査(FACO: Final Assembly and Check Out)、②エンジン部品(17品目)、③レーダー部品(7品目)の製造を実施するため、下記の通り契約を締結しました。

① FACO(三菱重工業株式会社)約639億円
② エンジン部品(株式会社IHI)約182億円
③ レーダー部品(三菱電機株式会社)約56億円

合計 約877億円

これをもって、F-35Aの関連経費の総額は約1332億円(平成25年度予算上は約1339億円)、F-35Aの機体単価については約140億円(同約149億円)となりました。

※「引合受諾書」とは、取引ごとに日米両政府の代表者(日本側では装備施設本部長等の支出負担行為担当官)が署名する文書で、これに基づき有償援助が行われる。この文書には、両政府が合意する調達品等の内容及び価格、納入予定時期といった条件が記載される。

ページの先頭へ戻る